病院のお知らせ

医療事故の公表について

医療事故の公表について

 

平成30年10月15日

 一般財団法人新潟県地域医療推進機構

魚沼基幹病院

 

  このたび、当院において医療事故が発生しました。患者及びご家族さまに多大な不安と苦痛を与えてしまったことについて、心より深くお詫び申し上げます。また、当院で治療を受けておられる患者さまはじめ、県民の皆様の信頼を損ねる事故を起こしてしまったことについて、かさねて深くお詫び申し上げます。なお、医療事故の概要につきましては下記のとおりです。

 

【医療事故の概要】

 

1 患者 津南町在住の90歳代の女性

 

2 経過

 (1)平成30年9月、総胆管結石にて他の医療機関より紹介され入院。

 (2)同日CT検査、内視鏡検査を施行し総胆管結石、胆管炎と診断。

 (3)同月、内視鏡的胆管結石採石術を実施。内視鏡的胆管結石採石術に際し実施された十二指腸乳頭部バルーン拡張術に伴い胆管裂傷が生じた。総胆管径に対するバルーンサイズ、ならびにバルーン拡張の位置などが胆管裂傷に関与した可能性が疑われた。

 (4)直ちに、胆管ドレナージを実施し抗生物質の投与を開始。裂傷による合併症の発生はなく、検査9日目に退院され現在外来通院中。

 (5)患者さん、ご家族に説明、謝罪。

 

3 再発防止策

 (1)器材の操作の際には必ず、「○○をします。」と実施する行為を声に出してから実施する。

 (2)操作を依頼する場合は、「○○をお願いします。」と声に出し依頼する。

 (3)操作を依頼された場合は、「○○を行います。」と復唱してから実施する。

 

〈問い合わせ先〉

一般財団法人新潟県地域医療推進機構

魚沼基幹病院総務課長 関

電話:025(777)3200