ブログ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

6月16日 第12回魚沼保健医療福祉親善野球大会 優勝!

こんにちは。魚沼基幹病院野球部キャプテンの手術室村山です。

6月16日(土)、第12回魚沼保健医療福祉親善野球大会が薬師グラウンド(湯之谷)にて行われ、魚沼基幹病院野球部は見事優勝することができました。

 

参加チーム

・魚沼福祉会 ・あるぷす ・魚沼市社協

・ほんだ病院 ・魚沼市役所 ・魚沼基幹病院

 

なかなか忙しく普段まったく練習できていない部員達ですが、大会では打線が爆発し、見事勝利を勝ち取りました。

 

当院野球部は、普段あまり関わる機会が少ない他職種と、大好きな野球を通して関わりを深めていくことをモットーに活動しています。

 

今後もっと活動を積極的に行っていきたいと思います。

 

※部員、マネージャー大募集!

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

6月20日 看護部理念を達成するために・・・ あなたの考える“温かな看護”を語ってみませんか?

看護部管理室の高橋です。

先日6月20日、看護部理念に向かってベクトルを合わせることを目的に看護部長基調講演とワールドカフェを開催しました。

参加者は看護師49名10テーブルで対話を行いました。

飲み物やお菓子をつまみながらリラックスした雰囲気のなか、普段話をしたことの無い職員同士が顔を合わせ有意義な時間を共有しました。

90分という時間でしたが、終了後のアンケート結果では、「看護部理念を再確認できた(88%)」「自分たちが日頃感じていることを言葉にすることがでた(80%)」「看護のよりどころとする何かを感じることが出来た(81%)」など高評価を得ることが出来ました。

最後に明日からできそうなことを付箋に書き出し、“UKB成長の木”に飾りました。

日々忙しい時こそ立ち止まって、自分の感じていることを言葉にし、そこから気づきを得ることは素敵なことです。

看護部が一丸となった瞬間を体験することが出来ました。

 

*ワールドカフェを“ワールドカップ?”“カフェ?”なーんておちゃめなことを口走るスタッフもいましたので、思い切ってメイドをお呼びし、和やかな雰囲気で大盛況でした(^.^)

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

病院敷地内に「ヒポクラテスの木(プラタナス)」が植えられました!

こんにちは。広報担当の和田です。

この度、ヒポクラテスの木(プラタナス)を荒川理事長より寄贈いただきました。

これは、新潟市・蒲原宏先生(整形外科医で医史学研究家)がギリシャ・コス島にあるヒポクラテスの木の種を持ち帰られ、昭和45年に9本の芽が出たようです。

1本目は現在、新潟大学病院入退院口で大きく育っています。

今回、その1本目の子どもを寄贈していただきました。

病院のシンボルとして大切に保存していく必要があるとともに、癒しの木として長く病院、職員を見守って欲しいと願います。

【解説】

ヒポクラテスは「医学の父」として知られ、世界で初めて科学的な医学を築くとともに、医の倫理を強調した偉大な医学者です。ヒポクラテスは、生地ギリシャのコス島でプラタナスの大樹(ヒポクラテスの木)の木陰で医学を教え、多くの立派な医師が育ったといいます。「ヒポクラテスの木」は和名:スズカケノキ(プラタナス)、学名:Platanus OrientalisL, 英名:Oriental Plane Tree、医俗名:ヒポクラテスノキ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

5月15日 平成30年度事業計画説明会を開催!

  こんにちは、患者サポートセンターの今成です。

 

5月15日(火)に、地域の医師会、医療機関の皆様を対象に、今年度の事業計画説明会を開催しました。地域より、8医療機関14名の方にご参加いただきました。

 

当日は、まず、今年度新たに作成した今後5年間の事業計画と、新年度の事業計画の要点について当院事務部長より説明しました。次に、当院の運営についてコンサルティングを受けている(株)グローバルヘルスコンサルティング・ジャパンの森本陽介氏より、「魚沼圏域の医療の現状と課題」について講演をいただきました。その後、ご参加の皆様と、医療再編の理念である「地域全体でひとつの病院」の実現に向けた地域連携のあり方や課題について活発なご議論がありました。限られた時間ではありましたが、今後の連携促進の入口の会として位置付けられたのではないでしょうか。

 

初めての試みであり、不安もありましたが、無事終了することができ、ほっとしております。今後も、更なる地域連携に向けて活動を行っていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

5月13日 今年も田植えイベントを開催しました!

広報担当の和田です。

5月13日(日)に田植えイベントを開催しました!

この田植え体験は、地域との交流、病院の特色づくりを目的に毎年開催しており、今年で3回目となります。

 

田植えといっても機械は一切使わず昔ながらの手作業です。

まず、苗を植える前に目印をつけるため、線引機を引きながら縦横に歩きます。

この目印に合わせて苗を植えていくわけですが、これが想像以上に重労働です。

 

昔の人の大変さを噛みしめながら・・・笑顔で作業を進めました!

 

昨年まで「コシヒカリ」を植えていましたが、今年は酒米「五百万石」を植えました。

秋には稲刈りや収穫祭を計画しています。

冬にはおいしい日本酒になってくれることを期待したいと思います。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

放射線治療科からご連絡。青山教授が羽生竜王と一緒に掲載されました!

放射線治療科医師の川口です。

 先月、島津グループが発行する広報誌「ぶーめらん」に新潟大学医学部放射線医学教室 青山英史教授へのインタビュー記事が大きく掲載されました。(羽生さんも同冊子に掲載されています!)

https://www.shimadzu.co.jp/boomerang/38/04.html

 

 青山教授は最新型動体追跡放射線治療システム「SyncTraX FX4」の当院への導入、および開発に深く関わっておられます。

記事の中で、当院は魚沼地域唯一の放射線治療施設となることをふまえ、特殊治療のみでなく汎用的な放射線治療を行う上でも有用なシステムとなるよう要望されたことにも触れられています。

我々スタッフ一同も、より良いシステムを作り上げることが、魚沼地域の医療の向上につながるとの考えのもと、積極的に開発に関わらせていただきました。

結果として良質な放射線治療が提供できていると自負しております。

患者さんには安心して、ご自宅の近くの当院にて放射線治療を受けていただきたいと思います。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

病態栄養専門管理栄養士に2名合格しました!

こんにちは、栄養管理科の恩田です。

病態栄養専門管理栄養士に合格するには、栄養管理に関する5症例のレポートを作成し、事前審査に合格してから、11月に行われる筆記試験を受けます。

 

合格した2名からは、

「試験の内容は基本に沿ったものだったので難しくはなかったが、症例をまとめるのが大変だった。二人で受験したことも、お互いに励ましあえ、良かった。」

「これから、この知識を日頃の業務に活かして行きたいと思う。」

「さらに、この上の資格としてある、【がん】【腎臓病】【糖尿病】などの専門管理栄養士の取得も目指し、

患者さんのお役に立ちたいと思います。」

「認定証が思ったより金ぴかでびっくりしました(笑)」

という感想が聞かれました。

 また、この資格は5年ごとに更新します。

更新の際にも、症例報告や、研修会への参加、

学会や論文発表などが必要で、日々の積み重ねが重要です。                        

病態栄養専門管理栄養士として、自己の成長だけでなく、

後輩の指導やチーム医療の一員として貢献できるよう、幅広い活躍を期待してください。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

3月19日 「UKB看護キャリアアップ・人材育成支援-認定看護師への道-」開催!

こんにちは。医療安全管理室、感染管理認定看護師の目崎です。

当院には現在7分野9名の認定看護師が在籍しています。認定看護師会を行う中で「自分たちの活動をもっと知ってもらいたい」「認定看護師を患者さんと職員のためにもっと活用して欲しい」「人材を育成し次世代へつないでいきたい」そんな思いが強くなり、キャリアアップにつながる活動報告会をやろう!と企画しこの度開催することが出来ました。

認定看護師活動報告のみならず、認定看護師になるまでの道について、また当院の資格取得支援制度など、より具体的な内容を組み入れたプログラム構成としました。

 

参加された皆さんは、熱心に話を聞いて下さり、研修会終了後のアンケートでは認定看護師の活動を知ることができてよかった、今後認定看護師を目指したい、という私たちにとってとても嬉しい意見が聞かれることも出来ました。

看護管理室から参加者へ、お菓子の差し入れと温かいメッセージもいただき、たくさんの方のご協力あってこのような素晴らしい会ができたのだと心から感謝しています。

 

今後も互いに切磋琢磨し、質の高い看護を提供できるよう取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

3月3日 裸押し合い大祭の熱気はすごい!

こんにちは。広報担当の和田です。

 

3月3日(土)はひな祭り・・・でもありますが、浦佐はやっぱり裸押し合いです。

日本三大奇祭の一つと言われる「裸押し合い大祭」が毘沙門堂普光寺で開かれました。

 

当院は、昼の大名行列や福餅撒与から参加し、夜は医師やコメディカルなど約20名の男衆が押し合いに参加しました。

 

1200年以上の歴史を持つこの裸押し合い大祭は3月中に国の重要無形文化財に指定される見込みです。

魚沼地方に春を呼ぶ祭りとしてとても歴史が長く、多くの参拝者でにぎわっていました。

 

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

2月22日 葉田甲太医師 院内講演会

院内講演会

「僕たちは世界を変えることができない~病院建設と世界の新生児死亡について~

 

1月に当院で小児科研修を行った葉田甲太医師による院内講演会が行われました。

葉田医師は、向井理主演で2011年に映画化された「僕たちは世界を変えることができない。But We wanna build a school in Cambodia.」(東映)の原作者です。

離島や地域での臨床研修を経て、カンボジアで新生児を亡くしたお母さんと出会い、カンボジア僻地の病院建設を開始した経緯などについて、熱い思いを語っていただきました。

会場は70名を超える参加者で満席となりました。