ブログ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

NICU ご家族と赤ちゃんの触れ合いを大切にサポート!

今回はNICUの様子をリポートして頂きます!

 

——————————————————————

こんにちは、NICUです。
NICUとは、新生児の集中治療室です。

 

集中治療室ではありますが、

赤ちゃんの成長発達をサポートしている場所でもあります。

赤ちゃんを育てる中心となるのはご家族で、

入院中であってもそれは変わりません。

 

そのため、ご家族と赤ちゃんがなるべく一緒にいられること、

ご家族と赤ちゃんが過ごしやすい環境づくりも大切にしています。

赤ちゃんの状態に合わせて、

できるだけご家族と赤ちゃんが触れ合えるようにサポートしています。

 

ご家族と赤ちゃんの触れ合いのひとつに、「カンガルーケア」があります。

カンガルーケアは、ママやパパが胸の上で赤ちゃんを抱っこする方法です。

素肌で触れ合うことでお互いの温もりを感じて、リラックスできます。

絆を深めることができたり、

赤ちゃんの生理機能や発達に良い影響を与えるといわれています。

 

NICUではリクライニングできる椅子を使って、

ゆったりと抱っこをしてもらっています。

(※写真はスタッフが人形を使って実施しているイメージ写真です。)

 

胸の上で抱っこをすると赤ちゃんの顔が見えなくなりますが、

鏡で確認してもらっています。

ママやパパの胸の上で心地よさそうにしている赤ちゃんはとびきりかわいくて、

スタッフも見ていてほっこりする大好きな時間です。

 

こんなほっこりな時間も過ごしながら、

一日でも早く退院してご家族の元に帰してあげられるようにサポートすることが

私たちのお仕事です。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

Hospital TODAYに当院記事が掲載されました

Hospital TODAYに当院記事が掲載されました。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

スポーツをとおして他職種・地域との関わりをつくる

昨年10月のことですが、

小出の薬師野球場にて

「魚沼地区病院対抗親善野球大会」

が行われ、当院も参加しました。

 

この親善野球大会は毎年行われていることもあり、

開院当初から魚沼地区の他病院からお誘いがあったのですが、

開院直後はなかなか参加できませんでした。

 

しかし、ありがたいことに今回もお誘いをいただき、

開院から約1年半が経ったところで

ようやく野球部を立ち上げることができました。

 

今回は、看護、リハビリ、放射線、ME、医師からなる総勢16名に加え、

マネージャーとしてドクターズクラーク2名も参加。

残念ながら天候に恵まれず、1回も練習ができないまま当日を

迎えることとなったのですが、

結果は見事に優勝を果たしました!

 

優勝そのものも嬉しいのですが、

野球というスポーツを通じて他職種との関わりを深めたり

他病院のスタッフと知り合いになることができたことも、

大変嬉しく思っています。

 

今後は、自然豊かなこの魚沼の地で

もっと大勢の仲間と野球ができたらと思っています。

※次回の大会は今年の春です

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

日々の活動~接遇研修編~

今回は基幹病院の日々の活動~接遇研修編~

をお送りします。

 

患者さんと向き合う時間が多い医療スタッフですが、

時間をつくって委員会活動をしています。

 

院内にはたくさんの委員会がありまして、

安全、感染、接遇、記録、教育などなど

たくさんの委員会があります。

それぞれの委員が各部署にいて、

より良くするために会議で話し合ったり、

自部署に持ち帰って周知したりと活動しています。

 

その中に「現任教育委員会」というものがありまして、

3年目以上の看護スタッフを対象とし、

それぞれが年代に応じてステップアップできるような研修を企画しています。

 

ちょっと前のことになりますが、

全ての年代のスタッフを対象とした研修、

「接遇トレーニング~第一印象でソンしていませんか?~」

を開催しました。

 

 

講師は、M.snow認定スマイルトレーナー 丸山 理佳先生です。

「ホンマでっか!?TV」評論家(印象)の重太 みゆきさん直伝で

トレーナーになった方です。

「新潟で、笑顔で接遇することの大切さを広めたい」と、

にっこり笑顔でお話しして下さった、とても素敵な先生です。

まずは笑顔のチェックから!

 

「上から鏡を見てみてください。若く見えますよ。」

と聞くと、みんな一斉に上から鏡を見ます。

 

表情が明るくなりました。

 

先生から第一印象UPのコツをきいて、実践してみたり、

普段の会話中、自分自身では見えにくい表情は、ビデオ撮影でチェックしたり、

すぐにやってみれる内容でした。

何よりも、先生の笑顔が素敵!

 

みんなも笑顔で、終始楽しいあっという間の時間でした。

終わるころにはみんなの表情が明るくなりました。

 

笑顔で過ごすって、気持ちが明るくなりますね。

相手に笑顔で優しい表情で話をされると、

自分も優しい気持ちになることを再確認。

病院に来られる方に、

常に笑顔で優しい言葉がけをしていきたいなと、

改めて思いました。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

クリスマスコンサート2016

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。

 

昨年末のことになりますが、

開院1年半の感謝を込めて、

クリスマスコンサートを開催いたしました。

 

入院患者さん、外来患者さんだけでなく、

地域の方々からもたくさんお越しいただきました。

また、

「入院中で楽しいことがなかったから、今日はすごく楽しかったよ!」

とお声がけくださった方もいらっしゃいました。

喜んでいただけて、こちらがかえって嬉しくなりました。

本当にありがとうございます。

 

今年は6組の出演者がコンサートを盛り上げてくださいました。

出演してくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

<出演>

北里大学保健衛生専門学院アカペラ部

キカンビョウインBand(職員有志)

RYO&Kyohei(Hip Hop ダンサー)

うおぬま産☆夢ひかり
バイオリン演奏(職員有志)
米ねっと Duo(うおぬま・米ねっと)

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

サンタがNICUに!

12月22日の夕方、NICUにサンタさんとトナカイさんが来ました!

ちょうどみんな寝ているところに、

サンタさんがこっそりプレゼントを持ってきてくれましたよ。

 

 

 “サンタプ・ロジェクト・うおぬま”さんから、

絵本と、温かいメッセージカードを頂きました。

この絵本は、市民の方から贈られた匿名のクリスマスプレゼントです。

 

サンタ・プロジェクトは、

2009年に新発田市で始まった入院中の子供たち等に本を送る市民活動だそうで、

魚沼地域では、2012年から南魚沼市を中心に活動しているそうです。

 

絵本を送って下さった皆さん、“サンタ・プロジェクト・うおぬま”の皆さん、

送っていただいた本は、大切に赤ちゃんたちへ届けましたよ。

 

ご家族の皆さんも、大変喜んでくださいました。

温かい気持ちを、ありがとうございました。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

検査科タイムズ&リハの木通信

今日は、院内スタッフ向けのマガジンをご紹介!

 

臨床検査科から院内スタッフ向けに発行されている「検査科タイムズ」

以前、院長のブログに取り上げられたことがあります。

検査科の取り組みや学会報告などが掲載されています。

 

kensatimes

 

<バックナンバー>

 

当院ホームページ > 病院案内 > 臨床検査 > その他

http://www.uonuma-kikan-hospital.jp/hospital-info/department/laboratory-examination

よりご覧いただけます。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ!

リハビリテーション技術科が院内スタッフに発信する「リハの木通信」

 

フランクな内容で、

多くのスタッフが愛読しています。

 

リハの木通信

 

<バックナンバー>

当院ホームページ > 病院案内 > リハビリテーション > その他

http://www.uonuma-kikan-hospital.jp/hospital-info/department/rehabilitation

よりご覧いただけます。

 

 

 

ところで。

「リハの木通信」というタイトルなんですが、

「木」は当院において重要なキーワードなんです。

 

当院のロゴマークにも「木」があります。

14_%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%afw300

 

このロゴマーク、分解するとこうなります。

origin

 

医療再編において「地域全体がひとつの病院」を実現するために

地域内の医療機関との連携を強くしていくということ、

そして、医療人の育成。

これがロゴマークの元になっているのですが、

「木」は「育つ医療人」の象徴です。

 

「リハの木」も

育っていくスタッフを表すような

そんな願いが込められていると思います。

 

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

リハビリより、こんにちは

こんにちは。

リハビリテーション技術科です。

みなさんにはリハさん♪と呼ばれています。

 

実は理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と3つの職種のある部門なんです。

専門家集団として社会的責務(臨床・研究・教育)を果たすべく日々精進しています。

 

その中のひとつ、教育について。

9/5~10/28の8週間、

新潟リハビリテーション大学4年大島光司さんが臨床実習に来ました。

せっかくですので、実習生から感想を一言・・・。

 

————感想————

 

『臨床総合実習として2か月間、魚沼基幹病院で実習を行いました。

患者様になぜそのような現象が生じているのか、

原因をより深く追及することの重要さ、難しさを感じました。

 

その原因を追究していく考え方や手段がまだまだ浅く、

自分への課題を日々見つけることができました。

 

また、リハビリは人と人との繋がりで成立するものだと

改めて感じました。

リハビリの先生方を見学していると、

患者様の性格に合わせて

話し方やかける言葉に違いがあるのを感じました。

患者様がなぜそのような表情、発言をするのか、

それには理由があるはずです。

患者様の性格や人柄を捉えることができれば、

その真意を見つけることに繋がり、

より患者様に寄り添ったリハビリが行えると思います。

 

今回の実習でリハビリの技術面だけでなく、

人との関わりの重要さを勉強させていただくことができました。

 

————————————

 

当院での実習を通して

ひとつでも多くの“おみやげ”を

持って帰ってもらえるといいなあ、と思います。

 

8週間、お疲れさまでした。

 

d%e5%9f%ba%e5%b9%b9%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%aa%e3%83%8f

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

総合診療科 Dr.石山の記事が掲載(メディカルノート)

先日、当院院長の記事がメディカルノート社のウェブサイトに掲載された件

本ブログにてご紹介しましたが、

続きまして、当院総合診療科のDr.石山の記事も

同サイトに掲載されました。

https://medicalnote.jp/contents/161013-002-AJ

 

Dr.石山は当院開院前まではSt. Mary’s Health Center(米国)にて

Hospitalist(ホスピタリスト)として勤務していました。

 

ホスピタリストってなに?

そんな質問をよく頂戴します。

今回の記事では、そのあたりも詳しく書かれています。

ぜひ、ご一読ください!

 

medicalnote02