リハビリテーション

飯塚 眞由美

飯塚 眞由美

リハビリテーション
技術科長

当院は、魚沼地域の高度医療、三次救急の急性期を担う病院です。

その中にあって、私たちリハビリテーション技術科は、十分なリスク管理を行いながら、積極的にリハビリテーションを行っています。

併せて、早期から患者の将来像を考え、多職種連携でのチーム医療も提供しています。

 

魚沼地域では初の心臓疾患のリハビリテーションを行っているのも当院の特徴です。

他病院への転院の際は、リハビリテーション経過等を報告し、継続したリハビリテーションが行えるよう努めています。

今後も、魚沼地域住民に信頼される病院の一端を担うべく、スタッフ一同邁進してまいります。


 

急性期リハビリテーションのエキスパートとして、魚沼地域完結型リハビリテーション医療に貢献します

部門方針

  • 発症、術後早期から医師の指示のもとリスク管理を行い、積極的なリハビリテーションを提供します。
  • 魚沼地域に密着した地域完結型リハビリテーションに取り組みます。
  • QOL(生活の質)の向上のため、患者さんを中心としたチーム医療を行います。 
  • 新潟大学地域医療教育センターと連携し、スタッフの教育・研究支援に力を入れます。

 

部門体制

リハビリテーション
  • 理学療法士(PT) 9名
  • 作業療法士(OT) 4名
  • 言語聴覚士(ST) 2名

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
  • がん患者リハビリテーション料 

理学療法部門

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した方に対し、可能なかぎり早期離床を促し、座位・立位・歩行といった基本的な動作能力の改善をめざし日常生活の自立をサポートしていきます。運動機能の維持や改善を目的に運動・電気・温熱・光線などの物理手段を用いて治療、指導及び援助を行います。また、機能障害後遺症に対しても補装具の提案、住宅改修の助言を行い在宅復帰後の安全な生活を支援します。

 

作業療法部門

病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した方に対し、主体的な生活の獲得を図るため諸機能の回復、維持及び開発を促すため作業活動を用いて治療、指導及び援助を行います。具体的には、日常生活動作(食事・排泄・更衣・入浴など)を再び獲得できるように練習を行い、安全に楽に行える方法を指導し心とからだをサポートしていきます。

 

言語療法部門

脳血管疾患の失語症、構音障害などによるコミュニケーション問題、嚥下障害などの症状を抱える方に検査・評価を実施し、必要に応じて治療・指導を行い、自分らしい生活を構築できるよう支援します。

 

教育方針-使用しない

リハの木通信

リハビリテーション技術科が院内スタッフ向けに発行する「リハの木通信」。

バックナンバーを皆様にご紹介します。

 

リハの木通信001

リハの木通信002

リハの木通信003

リハの木通信004

リハの木通信005

リハの木通信006

リハの木通信007

リハの木通信008

リハの木通信009