ブログ

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月30日 第2回総合リハーサル 新潟日報でも紹介

開院まであと1か月。
第2回総合リハーサルを開催しました。

 

今回リハーサルの大きな目的は
1)第1回リハーサル(外来)で明らかになった課題が
その後の検討でうまくできるようになったか。 
2)病棟における流れの確認と課題の抽出 です。

 

模擬患者だけでも50人近く。
実際の動きを確かめながら、各部署や病院全体における
課題の洗い出しに努めました。
また、この日の様子は5月1日付け新潟日報でも紹介されました。

 

第2回総合リハーサル

 

第2回総合リハーサル

 

新潟日報

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月23日 移送患者受入れ訓練 

5月31日、県立小出病院・六日町病院から基幹病院に入院患者さんを移送します。
院内での各自の役割や手順、動線を確認する模擬訓練を行いました。

 

模擬患者が同僚のせいか、緊張感に欠ける場面が少しありましたが
次の訓練ではビシッと決めてくれるはずです。

 

本日洗い出された諸課題を早速に職員全員で共有し、次回の訓練に備えます。

 

移送患者受入れ訓練 

 

移送患者受入れ訓練 

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月20日 市立小出病院住民説明会 新生児科和田先生のふる里で

広神地区で市立小出病院住民説明会が開催されました。
私が出席したのは、先週の守門、入広瀬についで3回目。

 

広神は、財団の荒川正昭理事長、新生児科和田雅樹先生のふる里です。
月曜日夜7時半、しかも雨が降りしきる足元の悪い中、
40名もの方が出席してくれました。

 

大平市長のご挨拶のあと、
小出病院布施院長が新病院の体制や基幹病院との役割分担について
細かく説明されました。
「地域が一つの病院です。小出病院は皆さんのかかりつけ医になります」。

 

魚沼基幹病院は、救急医療、高度医療など、
これまでこの地域になかった役割を担い、
「地域が一つの病院」の実現を共に目指します。

 

市立小出病院住民説明会

 

市立小出病院住民説明会

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月17日 日本小児科学会でUKBデビュー 私はまだまだ元気になりたい!

第118回日本小児科学会学術集会が大阪で開催されました。

 

各診療科の先生方の活躍で、すでに国内外のいくつかの学会で
「新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院(UKB)」の名は
広まっています。

 

小児科の全国学会では今回がUKBのデビュー。
新生児科の和田雅樹先生が主役です。

 

「魚沼基幹病院の名前を見ましたよ」 
群馬大学名誉教授の森川先生はじめ、
私を見つけ声をかけてくださる先生も。
うれしいですね。

 

学会発表や論文発表は前期高齢者の私に元気を出させる特効薬。
6名の小児科医の皆さん、私はまだまだ元気になりたい!

 

第118回日本小児科学会学術集会

 

第118回日本小児科学会学術集会

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月16日 第1回総合リハーサル 外来患者さんの動線確認

外来に受診される患者さんが不都合なく診療を受けられるか、
模擬患者さんによる第1回総合リハーサルを行いました。

 

受付から診察室までの動線、
電カルをはじめ関係する各機器の作動、
医療者の対応など、
細かくチェック。

 

反省会では、
車いすの患者さんの通路についてさらに検討を進めることになりました。

 

動線確認

 

動線確認

 

動線確認

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月10日 ひまわり記念植栽 チーム「メダカ35」の笑顔

「センセ、看護師1年生がヒマワリの種を植えるので、一緒に植えてください」
看護部長からの突然の指示、いやお願い(^_^;)。

 

いつも素直に「はい」しか言わない私であるが、
看護部長からのお願いでなくても、
「基幹病院に採用された新卒看護師」と耳にするだけで、
もう手は種植えの動作。

 

看護部長「センセ、1年生は35名いるので、チーム名はメダカ35です」
私「メダカ?県内で佃煮にして食べる地域もあるらしいね」
看護部長「メダカの学校が大事なんです。スズメの学校はだめ」
私「スズメはメダカを食べないかな」

 

議論はまったくかみ合わない。

 

看護部長「先にブログに書くので、まず見てください」
私「はい、わかりました」と最後まで素直。

 

というわけで、チーム「メダカ35」のヒマワリのように
明るい笑顔を見てください。

 

ひまわり記念植栽

 

ひまわり記念植栽

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月8日 「ハレの日」2年ぶりの白衣 当院医師名簿に私の名前を載せるキャンペーンも

私にとってハレの日、2年ぶりに白衣を着ました。
なにがあったの・・・?

 

実は、新卒や新採用のメディカルスタッフ51名に小児科の講義をしたのです。
私を皮切りに、各科医師が順に講義をするそうです。

 

この2年間といえば、毎日、県庁勤務で、講義や診療の機会は皆無。
周りの人たちは私が医師であることを忘れている様子でしたが、
私自身でさえ忘れているので無理もありません。

 

小児科の講義と聞くと、やはり勝負服、白衣。
白衣を着ると元気が出ます。

 

次の「ハレの日」は、2年数か月ぶりに聴診器を手にする日?
その前に、当院の医師名簿に私の名前を載せるキャンペーンです(^_^;)。

 

ハレの日

 

ハレの日

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月3日 院内は養生中だらけ 院長も入院?!

養生と聞くと すぐに貝原益軒の「養生訓」が頭に浮かびます。
現在、院内はどこもかしこも養生中。

 

でも、私をはじめ、だれもかしこも病気の回復につとめているわけでは
ありません。
当院の保険診療は6月1日から。

 

建築や土木の分野でも養生という言葉を使うようです。
打ち終わったコンクリートなどを保護し、充分に硬くさせるための作業や、
塗装工事などで余分な塗料が付かないようにする作業を指すようです。

 

じっくりと養生し、スタートダッシュに備えてもらいたいものです。

 

養生

 

養生

 

 

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月2日 じっくり勉強派? 行動派? 医局に本棚設置

今日は、医局の各部屋で本棚の取り付け工事。

 

机で文献等をじっくり調べる勉強派。
診療や手術に常に従事している行動派。

 

医学部学生は勉強派と行動派(体育会系部活)の
2つに分かれる印象がありましたが、
ドクターはどうでしょう。

 

うまくバランスを取りながら、
しっかり勉強し、しっかり診療している
ドクターが多いようです。

 

医局本棚はスペースが足りない感じもしましたが、
さらに共同本棚も設置されるようで、ほっとしています。

 

本棚

 

本棚

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月1日 辞令交付式 新たな歴史の第一歩

医師、看護師、メディカルスタッフ、事務職員の辞令交付式が
いくつかの会場に分かれて行われました。

 

誰もが経験しない「地域全体の医療再編とゼロからの病院新設」
いよいよ現地での活動開始です。

 

青空に映える霊峰八海山に
これから50年、100年と続く新たな歴史の第一歩を踏み出す
責任と覚悟を誓い、またその場に立ち会える喜びを
分かち合いました。

 

辞令交付式

 

20150401-2

PAGE TOP