ブログ

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

8月16日 ホスピタリストって? 石山貴章先生講演会

石山貴章先生は1997年、新潟大学医学部卒業。
現在、米国でホスピタリストとして活躍中です。

 

良医育成新潟県コンソーシアムが主催した講演会に出かけてきました。
ホスピタリストは、1997年に学会設立という新しい概念の専門医。

 

急性期病院において、すべての内科患者は一般内科に入院し、
ホスピタリストが全患者をマネージメントするとのこと。

 

7,8割の入院患者はホスピタリストが完結的に診療し、
ほかは必要に応じ臓器別専門医にコンサルトするものの、
その結果に応じて、ホスピタリストが治療方針等を最終決定、
まさに入院患者の総合診療医です。

 

まずホスピタリストに関する説明があり、
その後は日常の診療活動をスライドやビデオで紹介し、
一コマ一コマ、思わず身を乗り出す新鮮な講演でした。

 

入院患者だけとはいえ、
私が望んでいる総合診療を日々実行しているのがホスピタリストです。

 

講演後の質問タイムは、真っ先に手をあげました。

 

 「ホスピタリストと同じ医療を
 日本の外来や救急に持ち込むことは
 可能でしょうか」

 

予想通り、石山先生の回答は”Yes”です。

 

学生の質問にも
「自分自身を含めた日本版ホスピタリスト育成が将来の目標」
と熱く語ってくれました。

 

魚沼基幹病院では、
ホスピタリストや日本の総合診療医の医療を基盤に、
魚沼ならではの総合診療医を育成したいと願っています。

 

石山貴章先生講演会 ポスター

石山貴章先生講演会 様子

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

8月12日 レインボー会議ウィーク 気持ちは若い世代 気持ちも若い世代

レインボーは虹、きれいな七色。
虹と聞いて、
「七色の虹が消えてしまったの〽」とすぐに歌う人は、気持ちは若い世代。
「この歌、はてな?」は、気持ちも若い世代。

 

それはさておき、この1週間ほど、七つの会議が続きました。
虹の色に重ねると・・・

 

赤:国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)評価委員会@厚労省
橙:地元病院説明会@県立小出病院
黄:地元病院説明会@県立六日町病院
緑:魚沼基幹病院開設準備委員会 手術・検査・画像WG@医歯学総合病院
青:魚沼基幹病院開設準備委員会 病棟・薬剤・栄養WG@医歯学総合病院
藍:ナショナルセンター評価委員会@厚労省
紫:ナショナルセンター評価委員会@厚労省

 

それぞれ、まったく異なる検討内容、まさに七色。

 

わが国を代表するナショナルセンターは、
魚沼基幹病院よりはるかに大きなスケールですが、
医療をよくしたいという取り組みや患者サービスの工夫など、
とても参考になります。

 

魚沼基幹病院開設準備委員会WG会議は大学病院会議室を借りての開催。
魚沼基幹病院の運営について、臨場感あふれる具体的な議論が
予定時間を超えて続きました。

 

地元病院説明会は、魚沼基幹病院に協力してほしいというお願い。
小出病院と六日町病院に勤務している方々を対象に、
魚沼基幹病院がうまくスタートするための質問や意見を
たくさん頂戴しました。

 

七色の会議それぞれ、気持ちも若い世代、気持ちは若い世代の割合はさまざま。
気持ちは若い世代が私ひとり、の会もありましたが・・・。
でも、とても嬉しいのは、関係の皆さんが絶えず前向きに、
真剣に取り組んでおられること。
「だけ」と「も」に関係なく、みんなで気持ちを合わせて、
魚沼の地に大きな虹の架け橋を架けたいものですね。

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月30日 小千谷総合病院・魚沼病院統合協議会 統合の英断

公益財団法人小千谷総合病院と厚生連魚沼病院の統合協議会に
出席してきました。

 

3年ほど前、同級生の長岡中央綜合病院・吉川明院長から声が掛かり、
協議会運営委員長を務めています。
県内医療を少しでもよくしたいという普段からの思いと、
まったく中立の立場、二つ返事で引き受けました。

 

両病院の統合は、昨年夏開催の協議会ですでに決まっており、
今回は統合新病院の名称や開院時期の検討。

 

医師不足が著しい地方都市で、医療資源をより有効に活用し、
効率的な病院運営を目指すために、統合は大きな手段。
とはいえ、経営母体も歴史も全く異なる病院同士、
いざとなると日本全国、前例はありません。

 

両病院の相互理解と努力もさることながら、
既成観念にとらわれない谷井靖夫市長を先頭とする小千谷市の尽力。

 

素晴らしいチームワークです。
関係の皆さんの英断に感服するとともに、
先進的なモデルになるよう、新統合病院の発展を祈念しています。

 

小千谷総合病院・魚沼病院統合協議会 様子

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月19日 国際モダンホスピタルショウ

東京ビッグサイトで開催された国際モダンホスピタルショウに出かけてきました。

 

年に何十回も上京しているのに、
ゆりかもめは10年ぶり、東京ビッグサイトは初めて!
会場の大きさに圧倒されました。

 

380社が出展し、3日間で8万人以上の来場者とか。
何もかも巨大で、医療・福祉に対する社会のニーズと関心が伺われます。

 

時間も限られており、1つだけ聴講可能なカンファレンスプログラムは、
迷うことなくITフォーラム「医療機関におけるICT・モバイル活用事例」。

 

スマートフォンひとつでできる業務の効率化や情報共有、
在宅医療の現場での紹介でしたが、
無料から100円程度のアプリが様々揃っているのにもびっくり。
何もかも初めてづくしの1日。

 

秋には魚沼基幹病院で使う電子カルテの会社が決定。
魚沼地域を広く結ぶ「うおぬま・米(まい)ねっと」
との接続は最低条件ですが、
教育や診療のためにタブレット端末を活用する工夫ができないか、
専門家を交えて検討を進めていきます。

 

国際モダンホスピタルショウ 受付

国際モダンホスピタルショウ 受付

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月14日、15日 高血圧ガイドライン委員会 時に激論でも血圧は正常

海の日を利用した2日間、
日本高血圧学会・高血圧治療ガイドライン2014作成委員会がありました。

 

作成委員、査読委員、顧問の先生方など
90名余りのエキスパートが出席。
これまですべての原稿が委員会内で公開され、
たくさんの意見が集約されています。

 

私も都合4回、原稿を書き換えました。

 

作成委員はその原稿を土台に発表するのですが、
それでも激論がしばしば。
1日目は午前10時半から午後7時までびっしりと会議が続き、
お昼もたった15分。
もっとも、早食いが欠点の私には有り余る時間でしたが。

 

どう収まりがつくのかな、血圧が上がりそう、
と心配な場面もあったのですが、
委員長・島本和明先生(札幌医科大学学長)の名さばきと
皆さんのあくまでアカデミックな判断で、
誰も血圧が上がることなく盛会裏に終了。
さすが、高血圧学会!

 

魚沼基幹病院と地域医療教育センターでも、
熱くて冷静な症例検討会をしたいですね。

 

日本高血圧学会・高血圧治療ガイドライン2014作成委員会 様子

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月13日 信州大学医学部寄付講座・開設記念式 今でしょ!

信州大学医学部・大橋俊夫先生(生理学)が中心となり設立された
メディカル・ヘルスイノベーション講座。
13日、開設記念式典に参加してきました。

 

高崎経由で長野まで新幹線、
長野から松本までは「ワイドビューしなの」。
車窓から見る夏山は緑濃く、
どっしりと頼もしく見えました。

 

株式会社ブルボンと地元の多摩川精機株式会社による寄付講座で、
企業も特任准教授として研究に加わり、
理想的な産学連携の在り方です。

 

他分野にまたがる国内外スタッフも強力。
国からも民間からも、
まさに、いま求められている講座の内容と姿です。

 

記念式典には、松本で活躍される新潟県出身者が。
挨拶された副医学部長・中山淳先生は新津高校、
病院長・天野直二先生は新潟高校出身。
また、生理学の試験で成績上位に入り、
スウェーデン・カロリンスカ研究所に派遣された学生たちが
研究実習の成果を発表してくれました。
その一人、5年生・高野敬佑君は高田高校出身。

 

皆さん、とても頑張っておられ、
なんだか、とっても嬉しくなりました。

 

ちなみに、中山先生のお嬢さんは新潟大学医学部を
卒業されたそう。
中山さん、信州(松本深志のはず)の2つのキーワードで、
すぐにピーンと(^_^)。
ひとみのくりくりした聡明な学生でした。

 

祝賀会では、この勢いで、ついつい食べ過ぎちゃって。
長寿県長野では食べ過ぎないこと、と自分に言い聞かせていたのですが、
最近は、忘れっぽくって、いま思い出した次第。

 

この寄付講座の三本柱の一つは、医食農連携による機能性食品の開発。
魚沼の地でも、いや魚沼だからこそ、医食農の連携を目指したいな。

 

個人的なことですが、
魚沼ではいくらお米がおいしいからといって、
食べ過ぎには注意しようと自分に言い聞かせています。

 

いつ思い出すかな? 今(だけ)でしょ!

 

信州大学医学部寄付講座・開設記念式 様子

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月10日 新潟市医師会在宅医療講座で講演 うおぬま・米(まい)ねっと

第87回新潟市医師会在宅医療講座に出かけてきました。

 

2か月ほど前、担当理事の岡田潔先生から講演依頼のお電話。
内 山 「在宅医療?基幹病院は直接には携わらないので・・・」
岡田理事「基幹病院について、どんな内容でもOKです」

 

もう断わる理由はないどころか、
押しかけ・居座りたい気分(笑)

 

一人でも多くのひとと情報を共有したい。

 

十日町までを含む、広く魚沼地域に連携ネットワークシステム
が整備され、システムを構築中。

 

その名も、「うおぬま・米(まい)ねっと」。

 

患者情報の共有化と連携が実現します。

 

基幹病院を受診した患者さんが、近所のかかりつけ医に。

 

患者さん 「基幹病院でCT検査を受けてきました」
診療所医師「この電子カルテで診断結果とCT画像を確認しましょう」
     「次の検査も、私の診療所から予約ができますよ」

 

「病院完結型」から「地域完結型」医療システムへの再編は目標の一つ。
「うおぬま・米(まい)ねっと」は力強い手段です。

 

第87回新潟市医師会在宅医療講座 様子

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月8日 イッツ・クール NTT東日本関東病院&聖路加国際病院訪問

魚沼基幹病院の顧問に就任していただいている

 

 NTT東日本関東病院院長・落合慈之先生、
 聖路加国際病院院長・福井次矢先生

 

を訪問してきました。

 

両病院とも国際的な医療施設認証機関であるJCIの認証を取得しており、
名実ともにわが国を代表する病院。

 

エントランスから足を踏み入れた瞬間、
癒しの空間と、ふと感じる心の安らぎ。

 

両院長先生のお話からは、
若い医師の教育と患者さんを大事にしたい
という熱い思いが伝わってきました。

 

あついといえば、この日は東京駅に降り立った途端、
サウナに入っているような熱風。
都心は最高気温が35度以上だったとか。

 

夕方には雷と土砂降り、メリハリの利いた一日でした。

 

NTT東日本関東病院「タニタ食堂」でお昼

NTT東日本関東病院「タニタ食堂」でお昼

お昼ご飯

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月1日 「新潟県における医師不足を考える」シンポジウム 若々しいアラエイパワー 

新潟県における医師不足の解決に向けて、
12名の皆さんがそれぞれの立場で
具体的な取組や構想について発表。

 

指定発言では、
医学科6年の塩井生馬君(木下和也君、小黒英里さん)が、
英国での多職種学生連携教育実習について、
わくわくするような経験を話してくれました。

 

新潟県の取り組みを紹介された荒川正昭先生、
本シンポジウムの企画とまとめをされた高橋榮明先生は、
いわゆるアラエイ(around eighty)世代!
暦年齢をものともしない若々しい発想とパワーに、
今回も圧倒されました。

 

いくつかの演題で、
「魚沼基幹病院」というキーワードがたびたび登場。

 

高橋榮明先生は、シンポジウムの締めくくりに、
新潟県が地域「チーム医療・福祉・保健」の「知の拠点、学びの拠点」になりうること、さらに、国際発信と交流の重要性を強調されました。

 

言葉の端端から、「魚沼基幹病院」への期待がひしひしと感じられ、
身の引き締まる思いでした。

 

演者と参加された皆さん、ありがとうございました。
市民の方からも前向きな追加発言があり、
最初から最後まで、「新潟県の医療をさらによくしたい」という、
改めてやる気の出る週末の午後でした。

 

「新潟県における医師不足を考える」シンポジウム 様子

ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

6月26日 名誉教授称号授与式 4駆のような後期研修医期待

3月以来の五十嵐キャンパス、
名誉教授称号授与式に出かけてきました。

 

「名誉教授」というと、
かなりのお年寄りという印象が強いですよね。

 

でも、いざ自分がなってみると、
気持ちだけはまだまだ若いことを実感しています。

 

昼食会はなごやかな雰囲気で、
一人ひとりが近況報告。

 

「雪の多い浦佐にすぐに住むつもりで、4駆の車を買う予定でしたが、当面は県庁勤務。四苦八苦の毎日で、4駆3台分ですので、しばらくは13年目のいまの車で乗り切れそう」

 

四苦八苦というより、本当は、四苦八功、あるいは四苦八喜なんですがね。

 

基幹病院に併設される新潟大学地域医療教育センター。

 

新潟大学との太いパイプを通じ、
でも大学病院では難しい総合診療と
救急医療中心の研修医教育を行います。

 

手、足、頭(脳)、心
をフルに動かす4駆のような後期研修医に
いっぱい来てもらいたいな。

 

名誉教授称号授与式

PAGE TOP