ブログ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

★星に願いを!「スタッフいっぱい集まって…」★

暑い日が続き、避暑気分でキャンプに行ってきました。

 

上越の北海道と言われている“光が原高原”
日中は心地よい涼風で、とてもさわやか。
暗くなってきたら、肌寒い…

 

ラジオから流れるニュースでは、「上越地区35.2度」
こんなに違うの?とちょっと驚き。
食べるときには、ウィンドブレーカーが必要に。

 

今日はタイミングよく、星座の観察会がありました。
星座は「北斗七星」程度の知識の私です。
プロから説明聞いて、へぇ~ わ~ と驚きと感激の連続。

 

土星のリングも初めてみました。
夏の大三角、白鳥座、織姫星、彦星…
流れ星はみえないけれど、いろんな星に、月に、お願いしました。
「たくさんの看護職の方々、集まってきますように」

 

仲間だった人たちの顔を思い浮かべながら
「みんな、数年でもいいから来てみてください」
などと、あらゆる星に向かってお願いした一夜でした。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

「受け身」-負ける練習-

先日、「相田みつを美術館」に入ってきました。

 

“負ける練習”

 

というタイトルにひかれました。
多くは「頑張る」とか「前向きに」などの
プラスメッセージだったので、一層ひかれました。

 

つまづいたり、失敗したりを繰り返している私ですが、
気持ちが楽になるのかな、と思って入りました。

 

 (一つ紹介)
「柔道の基本は受け身
 受け身とはころぶ練習 負ける練習
 人の前にぶざまに恥をさらす稽古
 受け身が身につけば達人
 まけることの尊さが わかるから
           みつを  」

 

いろいろ失敗しても、受け身が身についていれば
すぐに立ち直れる。

 

そして、負け方や受け身のほんとうに身に
ついたひとが、
心の底から理解できる
やさしく暖かい人になれる。と言っています。

 

失敗も、負ける練習しているんだ!と考えよう…

 

負ける練習

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

コシヒカリ発祥の地~今回は副部長の安江がお送りします~

おはようございます。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は特別企画として、看護部副部長の安江がブログを書きます。
これからも、不定期でこの特別企画をやりたいと思いますので、よろしくお願いします!

 

 

おはようございます、看護部副部長の安江です。

 

8月3日 新潟県もようやく梅雨明けしました。
平年より10日遅い梅雨明けだそうです。

 

梅雨明け前の7月30日、豪雨の影響で在来線の一部が運休になる中、
上越新幹線(とき)→ほくほく線(はくたか)→北陸線(サンダーバード)
と乗り継いで4時間30分、福井県に行ってきました。

 

福井

 

今回の出張の目的は2泊3日で魚沼基幹病院の看護体制構築のために、
福井大学医学部付属病院看護部の
「パートナーシップナーシングシステム」(PNS)
の実際を現場で学ぶことでした。

 

初日は、松村看護副部長さんとPNS考案者である上山香代子師長さんから、
PNSについての講義。

 

2日目は、消化器外科病棟で一つのペアについてシャドー研修。
仕事はもくもくと、しかし情報共有は活発で
「病棟内でのコミュニケーションが発達している」という印象でした。

 

3日目は院内のPNS管理研修に参加。
PNSをとっている全部署の看護師長、副看護師長による
経過、取組、課題報告発表会。
一つのシステムを完成させるためには
多くの課題を解決していかなければならない苦労を知りました。

 
上山師長さんの講演の中においしいお米ができるまでのお話がありました。

 

「収穫まで7カ月の期間を要して、『コシヒカリ』ブランド商品として消費者に喜ばれる。今やコシヒカリと言えば魚沼産コシヒカリというくらい魚沼の代名詞になったお米ですが、発祥の地は福井です」と。

 

上山師長さんの思いは、PNSをコシヒカリに架けて、

 

新しい看護体制の構築までの惜しみない努力と時間が
福井大学医学部付属病院のみならず、
全国の臨床看護現場の問題改善に貢献する

 

ということを伝えたかったのだと思います。

 

初代のコシヒカリは、味はよいが背丈が高く倒伏しやすく、
いもち病に弱い、という欠点があり、
新潟県の農業試験場でつくられましたが、
福井県の農業試験場に譲渡されました。

 

これが農林100号として農林ナンバー登録されました。

 

一度福井に渡ったコシヒカリがなぜ魚沼でおいしいお米になったかというと、
魚沼の痩せた土地と冷たい水という一見不利なような環境が、
稲の生育を抑えてコシヒカリの欠点をカバーしたためだと言われています。

 

PNSもコシヒカリも発祥の地は福井です。
PNSを用いて、弱みを持ち味に転換し、
患者さんに喜ばれる看護を魚沼基幹病院で提供できたらと思います。

 

PNS研修 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

看護は“未来産業”なんだ!

私もホスピタルショーに数年ぶり?に参加しました。

 

当然のことながら、展示内容の様変わりには
驚き!でした。

 

・スタッフステーションの作業に影響するナースカートは
  ぜひ整備したいですね。

 

・車椅子連結にも対応した使いやすいスタンドもいいな。

 

・最新のナースコールシステムのほか、
 12月発売予定の電池のいらないワイヤレス押ボタン。
 (現場では、ベッド移動で良く断線させていたなあ)

 

などなど
ほしくなるものばかりでした。
白衣のブースも多く、とてもカラフルになり
デザインも豊富!
ファッションショーの状況です。
誇りをもてる白衣にしたいですね。

 

帰りの電車の中で、読んでいた本に
「看護は、人に感動を与え、人の生活に潤いを与え、
 人の人生に輝きを与えるアーティストです。
  看護こそが未来産業です。」
とありました。

 

魚沼基幹病院の未来を明るくするために、
価値あるものを整備したいですね。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

小さなつぶやき “その2”

4月から、通勤に公共交通機関を使うようになったことと、
ブログをはじめたことで、
見える(感じる)景色が変わってきました。

 

おもに、バスと徒歩。
乗客の8割は、携帯を操作しているなあ…
本を読んでいる人が1~2人…

 

先日、2歳ぐらいのお子さんが乗ってきました。
ずっとニコニコです。
思わず、こちらも

 

「ニコッ!」「おはよー」

 

 と小さくつぶやきました。
心地よい時間が生まれました。
やっぱり、笑顔は人に安心感を与えるな。と
思った瞬間でした。

 

“第一印象は「15秒」で決まる。
 第一印象を与え直す、チャンスは決して訪れない!”
以前、研修で言われたことを思い出しました。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

病院準備室に、激励の南魚沼名産“八色っ娘”が届きました。

南魚沼市にお住まいの県立病院の元看護部長さんから
嬉しい贈り物です。

 

すいか

 

「みなさんへの激励の気持ちです」ということでした。

 

ホントにありがたいことです。

 

病院づくりを山登りにたとえると
ソフト面では、準備体操中?
ハード面では2合目ぐらい?かな。

 

そこでハード面である病院の外壁を紹介します。
外壁は、地に縁のある「トミオカホワイト」を
基調にしているということです。
アメリカ人は「東洋の白」と呼んだようです。
清楚で落ち着きある色に
仕上がるということです。

 

少しずつ決まっていきますね。

 

甘い甘い西瓜をいただきながら頑張ります。

 

外壁

こんな感じです。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

小さな、つぶやき その1!

4月から、職場が県庁11階になり
運動不足になると思い、階段を利用しようと挑戦!!
(朝の登庁時のみ)

 

4月は息切れしていたのが、
少し慣れてようやくリズムがつかめたのです。

 

それなのに、7月入って朝からのこの
厳しい“暑さ”には、
ちょっと閉口。

 

昨日、数えたら
「228段」  ありました。

 

4月から見ると、階段の利用者は
明らかに減少。

 

しかし
ここでくじけちゃならぬ。
頑張ります。

 

そして、小さなつぶやき。

 

ゴールを急ぐと、疲労感が高いのにもかかわらず
到着時刻は変わらない。

 

意識を変え、楽しいことを考えながら
上がると、さほど疲れない。
そして、予定時間なり。

 

やっぱり、仕事を楽しく(意識だけでも…)
やれば、効率的で成果もでるということだ。

 

ホッとするお地蔵さん発見

ホッとするお地蔵さん発見

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

「奇跡のりんご」を読んで”涙”! 今の自分に「力」をもらいました。

夫に勧められ何気なく読み始めたところ、
一気に読みました。

 

絶対不可能といわれていた無農薬リンゴに成功するまでの、
11年間の感動の実話です。
映画化もされました。

 

一言では語り尽くせない、困難な苦闘の日々。
生活費もなくなり、村八分扱いされても
自分の信念を曲げずに貫き通し… 

 

ご主人を信じて連れ添った奥様、見守った義父、子供たち。
盛大な拍手です。

 

肥料も農薬も使わず、リンゴの木そのものを強くすること。

 

手をかけすぎると、そのもの自体がひ弱になる。
雑草、雑菌、害虫、益虫との共生で強い土ができ、
強風でも倒れない、根がしっかりした木ができる。

 

読んでいて、人間界でも言えるなあ…と思いました。
抗菌グッズばかりの中にいると、免疫力が低下する。

 

子供が生まれたときに、ある人に
「子供には、飢えと寒さを教えなさい。」
と言われてきたことを思い出しました。

 

病院づくり=組織づくり=人づくりにも
共通する部分がある本と出会いました。

 

結果はすぐでないかもしれませんが、
大切にしていきたい思いです。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

地域完結型医療に向けて。がんばらなくちゃ!と思った一日でした。

29日(東京国際フォーラム)・30日(松本)と
就職説明会を開催しました。

 

参加してくださった方々、ありがとうございました。

 

東京で活躍している、新潟県人はたくさんいるんだな…と
思いました。 

 

実家が小出という方から、嬉しいお話がありました。 

 

「以前、母が小出病院に入院してその際、皆さんから、
とても温かいケアをしてもらい良くしていただいた。
おかげで、母を在宅で看取ることができました。」

 

ということでした。

 

[魚沼地域での医療が充実してほしいですね。]と言われ
とても期待のこもった言葉に、背中を押された気分でした。

 

ありがたいです。

 

話はかわりますが、
会場で、和食のレストランにはいりました。

 

なんと、

 

「お米は、魚沼産こしひかり」

 

と紹介されていました。
おいしいお昼ご飯になりました。
”魚沼”の名前は全国区!ですね。

 

東京会場の入り口

東京会場の入り口

松本の会場で

松本の会場で

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

みんな力合わせて、よりBestな夜勤環境に取組み中なり。

就職説明会では、夜勤に関連する質問が多くありました。
やっぱり、働き続けられる環境の整備は、重要課題のひとつですね。

 

看護師は、24時間365日
「看護」を駅伝のようにバトンをつないでいます。
夜間、走る人には、走りやすくしていく必要があります。

 

私の初めての夜勤を思い出しました。
(小規模でアットホームな病院でした)
30年以上も前です。
懐中電灯を持って、患者さんが眠られているか、
ソーッと巡視しました。

 

今の夜勤は・・・

 

医療の変化は著しい。
日中とあまり変わらない観察、ケアがあり、やはり
過酷な労働環境ということができます。

 

高齢化社会を迎え看護のスタイルが多様化する中で、
看護者としての誇りと働き続けたい意思を持つ多くの看護師を護るために、
その労働条件や職場環境を整えるため,
準備室メンバーはみんなで真剣に取り組んでいます。

 

私たちの要望している
防音整備されてる仮眠室の確保(2部屋づつ)は
可能になりそうです。

 

ありがたい。

 

夜勤かえる