病院長からのごあいさつ

育ち、育てる。

内山 聖

内山 聖

 

地域完結型医療の核となる病院として。

 

新潟県魚沼地域は、おいしいお酒や魚沼産コシヒカリでよく知られている山紫水明の地です。
平成27年6月、この地に魚沼基幹病院が開院しました。

 

魚沼基幹病院は、総合診療、救急医療、高度医療を実践するとともに、若い医師・看護師・医療技術職員の教育にも力を注ぐ病院です。

 

地域の医療者・施設と機能分担(連携)し、魚沼地域全域に配備された医療連携ネットワーク
「うおぬま・米(まい)ねっと」を有効に活用しながら、地域完結型医療の核としての役割を果たします。

 

同時に、将来わが国が迎える超高齢社会が今まさに存在する魚沼地域で高齢者医療および地域医療の実践的なモデルを作り、全国に発信したいと切に願っています。

 

国内外の医療の発展に貢献する医師の育成も大切な使命です。
魚沼基幹病院には新潟大学医歯学総合病院魚沼地域医療教育センター(略称:新潟大学地域医療教育センター)が併設され、各診療科の診療・教育スタッフが公募により配置されます。

 

同センターは、魚沼基幹病院と協力して、初期救急から高度医療までを一貫して教育し、幅広い分野の診療や救急医療ができる総合診療医や総合診療能力を有する専門医を育成します。

 

現在、長年にわたり米国で専門医として活躍している複数の日本人医師も、地域医療や若い医師の教育に情熱を燃やし、魚沼基幹病院の一員として帰国しました。

 

また、看護師や医療技術職員も病院を支えるきわめて大切な柱です。
医師同様、各自のキャリアデザインに沿う研修体制やワークライフバランスの確保など、魅力ある職場環境の実現に力を注ぎます。

 

これから10年、20年、100年と続く病院の長い歴史の1ページ目に皆さんの夢(理想)と希望をいっぱいに書き込み、病院の発展とともに実現させ、生きがいとやりがいを実感してください。

 

病院長の経歴

平成 4年/新潟大学医学部小児科教授
平成18年/新潟大学医学部長
平成22年/新潟大学医歯学総合病院長
平成25年/現職

 

新潟大学名誉教授

信州大学客員教授

日本学術会議連携会員

厚労省国立研究開発法人審議会委員

ほか、日本小児科学会、日本自律神経学会、日本糖尿病・妊娠学会、日本小児腎臓病学会などの理事・役員を歴任

 

ごあいさつ

荒川 正昭

理事長

荒川 正昭

内山 聖

病院長

内山 聖