小児科

診察室
午前1診 担当医 担当医 担当医 担当医 担当医
午前2診 担当医 担当医 担当医 担当医 担当医

※午後は完全予約制

  • 1カ月健診
    火・木曜日(産科外来にて実施)
  • 乳児健診
    月・金曜日 13:30~15:30
  • 予防接種
    火・水・木曜日 13:30~15:30
  • 神経(大学医師)
    毎週 月曜日
  • 内分泌(大学医師)
    毎週 火曜日
  • 腎臓(大学医師)
    月2回 水曜日
  • 循環器
  • 新生児

 

私たち小児科医は子供の総合医です、医療を通して子供の幸せに貢献するよう日々努めております。
当科では、“ちょっと風邪気味”という軽症の子供から長期入院や専門的医療を要する重症の子供まで幅広く診察しています。
当院は魚沼地域で唯一の小児入院施設であり、救命救急センターがあります。さらに各分野の専門医による専門外来もあります。入院医療や専門的医療を特に大切な役割と考え、緊急を要する病気の子供を随時受け入れております。さらに乳児健診や予防接種、様々な健診・検診の精密検査にも力を入れています。
午前外来は、紹介状や予約は不要です。感染症などを中心に様々な病気の子供を診察しています。お気軽に受診してください。
また午後外来は、継続的に通院が必要な子供のための慢性外来や各種専門外来、予防接種、乳児健診を行っています。午後外来はすべて予約制ですので、事前に電話で御予約ください。慢性外来や専門外来を初めて受診される方は紹介状をお持ちください。

 

疾患名 内容
循環器 川崎病の心臓後遺症、先天性心疾患、不整脈などです。学校心臓病検診で要精査となった方、健診で心雑音を指摘された方なども対象になります。
午後の循環器外来を受診していただきます。 学校心臓病検診で要精査となった方も電話予約の上、受診してください。
アレルギー疾患 気管支喘息、食物アレルギーなどです。
継続通院が必要な方は午後の慢性外来を受診していただきます。
神経疾患 てんかん、発達の遅れなどです。
午後の神経外来や慢性外来を受診していただきますが、紹介状のない方はまず午前外来を受診していただいています 
内分泌疾患 甲状腺機能低下症、糖尿病、成長ホルモン分泌不全などホルモンの 異常や先天性代謝異常などです。低身長や肥満の方も対象になります。
午後の内分泌・代謝外来や慢性外来を受診していただきますが、紹介状のない方はまず午前外来を受診していただいています。
腎臓疾患 ネフローゼ症候群、腎炎、先天性腎尿路奇形などです。
午後の腎臓外来や慢性外来を受診していただきますが、紹介状のない方はまず午前外来を受診していただいています。
また学校などでの尿検査異常の方はまず午前外来を受診していただいています。
肺炎、気管支喘息、
クループ、急性胃腸炎、
その他感染症、便秘症、
夜尿症、熱性けいれん、
起立性調節障障害、貧血
など
 

 

鈴木 博

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 小児科部長

小嶋 絹子

新潟大学地域医療教育センター 特任助教 地域周産期母子医療センター 小児科部長(新生児)

田嶋 直哉

小児科医長

幾瀨 樹

小児科医長

橋尻 明日実

小児科医師(後期研修医)

稲葉 聡

小児科医師(後期研修医)

平成30年度(2018.4~2019.3)

 

論文(原著)

 

Miura M, Kobayashi T, Kaneko T, Ayusawa M, Fukazawa R, Fukushima N, Fuse S, Hamaoka K, Hirono K, Kato T, Mitani Y, Sato S, Shimoyama S, Shiono J, Suda K, Suzuki H, Maeda J, Waki K and The Z-score Project 2nd Stage Study Group. Association of Severity of Coronary Artery Aneurysms in Patients With Kawasaki Disease and Risk of Later Coronary Events. JAMA Pediatrics 172 (5): 1-9, 2018.

 

Ozawa J, Ohno S, Fujii Y, Makiyama T, Suzuki H, Saitoh A, Horie M.  Differential Diagnosis Between Catecholaminergic Polymorphic Ventricular Tachycardia and Long QT Syndrome Type 1 – Modified Schwartz Score.  Circ J 82 (9): 2269-2276, 2018.

 

論文(総説)

 

和田雅樹. 体液・電解質異常. 小児科診療別冊 81(増刊): 1000-1002, 2018.

 

和田雅樹. 医療的ケア児について. 新潟県医師会報 818: 65-66, 2018.

 

和田雅樹. 吸引器・吸引カテーテル. 周産期医学 48 (6): 671-675, 2018.

 

鈴木 博. 学校心臓検診-現状と課題、南魚沼市での取り組み. 新潟県小児科医会会報 60: 11-13, 2018.

 

鈴木 博. QT短縮とQT短縮症候群. 日本小児循環器学会雑誌 35 (1): 9-17, 2019.

 

論文(症例報告)

 

Suzuki R, Suzuki H, Wada M, Saito A. Pharyngolaryngeal Edema in Mumps Virus Infection: A Rare Complication. Pediatr Int 60 (5): 493-494, 2018.

 

原田瑞生鈴木 博、白井崇準、小嶋絹子、板垣成孝、和田雅樹井口英幸、大橋 伯、大塚岳人、齋藤昭彦. 細菌性髄膜炎を契機に診断された先天性皮膚洞の一例. 新潟医学会雑誌 132 (5): 203-207, 2018.

 

著書

 

鈴木 博ほか. 携帯型心電図. 小児・成育循環器学 診断と治療社: 131-133, 2018.

 

学会・研究会・講演会

 

和田雅樹、岬 美穂、伊藤友弥 他 災害急性期. 第121回日本小児科学会学術集会・小児周産期医療従事者向け災害医療研修会, 研修会, 福岡, 2018/4/22.

 

和田雅樹、岬 美穂、伊藤友弥 他 災害急性期. 第54回日本周産期・新生児医学会学術集会・小児周産期医療従事者向け災害医療研修会, 研修会, 東京, 2018/7/10.

 

田嶋直哉. 食物アレルギーの基礎知識と症状発症時の対応について. 新発田市アレルギー研修会, 口頭, 新潟, 2018/8/7.

 

山田明日実鈴木 博小島絹子田嶋直哉井口英幸. 肺膿瘍をきたした10歳男児. 中越小児研究会, 口演, 新潟, 2018/9/20.

 

田嶋直哉. 新潟県内の小児アレルギー疾患の現状~小児科医の立場から~. 第57回新潟県小児保健研究会, 口頭, 新潟, 2018/10/17.

 

田嶋直哉. どうしたらいい?ウチの子の食物アレルギー. 魚沼基幹病院市民公開講座, 口頭, 新潟, 2018/10/28.

 

田嶋直哉. はじめの一歩. 魚沼地域小児科医の集い, 口頭, 新潟, 2018/11/7.

 

鈴木 博、小澤淳一、渡辺健一、馬場恵史. Long QT syndrome type 8の多様性:当院で経験した2例. 第23回日本小児心電学会学術集会, 口演, 奈良, 2018/11/30-12/1.

 

山田明日実井口英幸田嶋直哉小嶋絹子鈴木 博内山 聖、白井崇準. 無症状の母体から出生し特徴的な皮膚病変を認めた新生児ループスの一例. 第229回日本小児科学会新潟地方会, 口演, 新潟, 2018/12/8.

 

井口英幸山田明日実田嶋直哉内山 聖小嶋絹子鈴木 博、佐々木直、長崎啓祐. 鉱質コルチコイド過剰により左室肥大を認めた21水酸化酵素欠損症の乳児例. 第229回日本小児科学会新潟地方会, 口演, 新潟, 2018/12/8.

 

研究費(科学研究費)

 

和田雅樹: 代表 基盤研究費(C) 16K09166 新生児蘇生記録システムの開発と応用 2016 – 2018

 

過去の研究・業績集はこちらをご覧ください。

研究・業績集