診療

八木 一芳

診療部長

魚沼基幹病院の役割は、三次救急と高度医療と医療人の育成を担うことにあります。

 

新潟県内でも最良の医療レベルを提供すべく、各診療科から選りすぐりの専門スタッフが魚沼の地に集結しました。最新の医療機器が設備され、多岐にわたる疾患に対して、スタッフの専門性を最大限に生すことができる体制が整っています。臓器別の専門医療だけでなく、病気を全体的に診察・診断する総合診療にも力を入れています。大学病院のような診療科間の隔たりは全くないため、患者さん一人一人に応じて、複数の科の担当医や多くの職種スタッフが綿密な連携を取りあうチーム医療を推進していきます。

 

若い医師の教育に最も重要なことは、医師としての人間性です。魚沼基幹病院には、人として素晴らしい医師が多いと感じています。磨かれた人間性の上に、医療の知識や技術が備わってこそ、若い医師に目標とされることでしょう。

 

魚沼地域を支える、新しい医療のパイオニアになるため日夜研鑚し、患者さんに安全かつ安心できる医療を提供できるよう取り組んで参ります。


 

教育方針-使用しない