がん診療

当院は、地域がん診療連携拠点病院の指定を目指し、準備をしています。

 

国は、がんが国民の生命及び健康にとって重大な問題となっている現状にかんがみ、がん対策の一層の充実を図るため、がん対策を総合的かつ計画的に推進する目的で平成18年6月に「がん対策基本法」を制定しました。

この法律では、「がんの予防及び早期発見の推進」、「がん医療の均てん化の促進」、「がん研究の推進等」を基本的施策として揚げています。

 

がん診療連携拠点病院については、がん対策基本法に基づき、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の均てん化を目指し、整備しているもので、国はこの目標を達成するため二次医療圏に原則1ヶ所整備することを目指しています。

 

魚沼医療圏にはがん診療連携拠点病院がないことから、魚沼地域のがん医療の中心的な役割を果たすよう、肺がん、胃がん、肝がん、大腸がん、乳がんの5大がんを始めとするがん治療体制の充実を図り、地域がん診療連携拠点病院を目指しています。

 

 

がん診療に関するお知らせ

令和2年度 魚沼基幹病院緩和ケア研修会について(R2.11.3)
オストメイト患者会の開催について
がんサロンの開催について

PAGE TOP