ブログ

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

5月10日 病院説明会を開催しました

この度、令和2年度と3年度の2年間、コロナ禍で開催できなかった病院説明会を、講堂・多目的ホールでの会場参加とWEBでの参加のハイブリッド方式により、3年ぶりに開催しました。

 

会の最初に、魚沼地域の医療に長年携わってこられ、医療再編をまさに体験してこられた魚沼市立小出病院長の布施克也先生に、「魚沼医療再編のいままでとこれから –魚沼基幹病院に期待すること– 」と題してご講演いただきました。

 

先生のご講演では、まず先生が感じてこられた医療再編に対する三圏域(北魚沼、南魚沼、十日町中魚沼)の受け止めの違いについてお話しされ、医療の変化への住民の理解の重要性を説明されました。つぎに、2021年に自主的勉強会として開催されてきた「魚沼地域医療フォーラム2025」における議論をもとに、当院への要望と期待をお話しいただきました。

 

 

その後、私の方から、「魚沼基幹病院のこれまで、そしてこれから」と題して、当院の開院以来のあゆみと、「魚沼基幹病院 中期経営計画(2021-2024)」として昨年度策定した、開院10年目の当院のあるべき姿「将来ビジョン」と、当院が目指す4つの「取組の方向性」について説明させていただきました。(詳細については、当院のホームページをご覧いただければと思います)

 

講演終了後、会場にご参加いただいた方々と、貴重な意見交換をすることもできました。

 

今後も適宜このような会を開催し、当院をご理解いただきご意見をもらいながら、高度医療、救急医療、教育・研修機能といった当院の果たすべき役割をさらに発展させ、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる仕組み「地域包括ケアシステム」を構築できるよう、当院としてなすべきことを進めていきたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

4月1日 令和4年度辞令交付式を行いました

まん延防止等重点措置は終了しましたが、まだまだ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束の気配は見えません。そんな中で、4月1日に令和4年度新規採用職員の辞令交付式が執り行われました。

 

講堂と多目的ホールを接合した大きな空間に、医師24名、臨床研修医5名、薬剤師2名、診療放射線技師2名、臨床検査技師3名、言語聴覚士1名、管理栄養士1名、視能訓練士2名、看護師・助産師38名、医療ソーシャルワーカー2名、事務8名の、総勢88名(非常勤職員除く)の溢れんばかりの新採用者を迎えることができ、とても嬉しく思いました。

 

辞令交付後、当院の将来ビジョンと取組の方向性を説明し、COVID-19対策の徹底をお願いするとともに、魚沼地域には素敵なところがいっぱいあることを紹介し、せっかく魚沼に来たのだから、ぜひ魚沼を好きになってほしいとお話ししました。

 

当日は、幹部職員に就任される方への発令伝達や、院内で人事異動・昇任される方への辞令交付・発令伝達式も行われ、病院として目指すべきことの共有と、新たに採用された職員へのご指導をお願いしました。

 

また、前日3月31日には、今回当院で定年等で退職を迎えられる方々に、退職の辞令交付と県派遣職員の方には県知事からの感謝状を贈呈しました。全員が4月以降も当院職員として勤務していただけるということで、引き続いてのご協力をお願いしました。

 

大勢の新たな仲間を迎えて、さらに地域の皆さんに信頼される、愛される病院を目指したいと思います。今後ともよろしくお願いします。

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

3月5日 浦佐毘沙門堂裸押合大祭の福餅撒与(さんよ)に参加しました

全国的に有名な浦佐毘沙門堂裸押合大祭は、新型コロナウイルス感染防止のため、メインの裸押し合いは3年連続の中止となりましたが、主催者の皆様の伝統を途絶えさせたくないという熱い思いにより、今年は感染拡大予防対策を講じながら規模を縮小して開催されました。今回私は、魚沼基幹病院長として、福餅撒与(さんよ)に参加させていただきました。昨年は大祭全てが中止されたため、今回が初めての参加となります。

 

 

本当に梯子を使って屋根に上がり、屋根の上から福餅を撒くというもので、これまで経験したことのない大変貴重な体験をさせていただきました。滑って落ちて、病院の皆さんにご迷惑をかけてはいけないと思いながら、無事大役を果たすことができました。ありがとうございました。これまでの記録(ブログ、YouTube等)を観ると、例年は屋根の上からの他に、大きな雪台を作ってその上から福餅を撒く様子や、多くの参加者で熱気に溢れ賑わう様子が見られますが、今回は参加者を制限したり、入念な感染対策をした上で、準備をしていただいた関係者の皆様に心から御礼申し上げます。

 

 

まだまだ予断を許す状況ではありませんが、新型コロナウイルス感染症が終息し、来年以降はこれまでと同様に、伝統の浦佐毘沙門堂裸押合大祭が開催されることを願います。本当に、ありがとうございました。

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

ボランティアの方とお会いしました

いよいよ魚沼地域も本格的な冬の季節となってきました。

 

今回、当院でボランティアをしていただいているSさんとお会いしました。Sさんには、当院の正面玄関や総合受付で、患者さんの誘導・案内等に対応いただいています。

 

多くの方にとって、病院を受診するということは、かなりの負担を感じるものと思われます。特に、初めて受診される場合は、多かれ少なかれ、不安な気持ちを持ちながら来られるのではないでしょうか。

 

そのような患者さんに対して、地域の方が、病院職員と共に対応していただいていることは、非常にありがたいことだと感じています。

 

今回Sさんと初めてお会いし、ボランティアを始められたきっかけや、その想いをお聞きしました。また、ささやかながら、ボランティアをしていただいているお礼として、当院のロゴマークが入ったトートバッグをお贈りしました。

 

これからもよろしくお願いします。

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

10月21日 小出高校医療専攻コースの生徒さんが病院見学に来ました

魚沼地域も最近とみに寒さを増してきており、山々も山頂付近は少し白くなってきました。

 

そんな折、小出高校医療専攻コース2年生の生徒さんが、当院の見学に来られました。今回来られた36名の生徒さんは、それぞれがこれから医療のどの分野に進むのかを考えている最中とのことです。

 

最初に私から当院の紹介をさせていただき、その後、当院の職員による「〜魚沼医療圏における当院の役割〜」と題した講義を受けてもらいました。引き続き、当院助産師による「魚沼圏域における当院産科の役割」、当院診療放射線技師による「放射線治療とは」の講義を行いました。

 

 

講義終了後、生徒さんには屋上のヘリポート、放射線技術科、臨床検査科、手術室・ACU(Acute Care Unit)、病棟等を見学していただきました。また、見学の際には職員による業務説明があり、生徒さんからの質疑応答に対応いたしました。小出高校は当院の近隣にありますが、医療の現場を見るのは初めての生徒さんが多かったようです。

 

今回の病院見学が、参加された生徒さんたちの今後の医療職を目指すモチベーションの一助となり、私たちと共に新潟県の医療を担う仲間に育ってくれることを期待します。

 

 

 

 

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月30日 新潟高校メディカルコースの皆さんが病院見学に来ました

新潟高校理数科メディカルコース2年生の47名の皆さんが、はるばる当院を見学にいらっしゃいました。全員が、将来医師や歯科医師を目指している生徒さんとのことです。

 

新潟県生まれでも、初めて魚沼地域を訪れたという方も多く、最初に簡単な魚沼地域の紹介と当院の紹介を行った後、全員で屋上のヘリポートに上がって、当院から見える魚沼の地を眺めていただきました。

 

47名という多くの生徒さんに囲まれ、私の子供よりもはるかに若い皆さんに圧倒されましたが、全員で一緒に集合写真を撮り、その後3班に分かれて、当院の薬剤部、放射線技術科、臨床検査科、リハビリテーション技術科等、院内を見学していただきました。

 

今回の病院見学が、医療を志す皆さんの、モチベーションを高めるのに少しでも役立ってくれれば幸いです。

 

将来、新潟県の医療に貢献してくれることを期待しています。

 

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

6月28日 臨床研修医の皆さんが臨床研修医専用居室に引っ越しました

これまで当院では、臨床研修医の先生は医局(医師が診療以外の時間に院内で過ごす場所)の中の1室を居室としていました。昨年度の年度当初は当院に研修医はおらず、途中から研修医の先生が来られましたが、医局の中の非常勤の先生と一緒の部屋で過ごしていただきました。

 

以前から思っていたのですが、私自身の遥か昔の研修医時代を振り返って、あるいは新潟大学医歯学総合病院や他の県内臨床研修病院での指導医としての経験から、研修医は研修医なりに、指導医や他の医療スタッフに囲まれた診療(研修)はストレスが多いと思います。診療が終わった後の時間は、研修医同士で気兼ねなく愚痴をこぼしたり、自由に各自が研修している診療科の情報交換ができる環境がいいのではないかと思っていました。

 

今年度は、4月から4名の臨床研修医(3名は当院を基幹型とするプログラムの研修医、1名は新潟大学医歯学総合病院プログラムの協力型病院としての研修医)が当院で研修を開始しています。これを機に、当院の臨床研修環境整備の一環として、病院棟に併設されているセンター棟に臨床研修医の専用居室を設けることを提案したところ、研修医の皆さんからは是非にと賛同いただきました。

 

この度、研修医の希望を可能な範囲で取り入れた臨床研修医専用居室を整備したことから、引っ越しを行いました。研修医の皆さんが診療(研修)終了後、多少はリラックスできるように、専用居室には研修医の皆さんと担当の事務の方のみが入れるタッチキーにしてあります。

 

 

当院での臨床研修が、より実り多いものになってくれることを期待します。

 

 

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

5月7日 当院職員のお子さんの素敵な文章が新聞に載りました

当院ドクターズクラークのお子さんの文章が、5月7日付けの新潟日報魚沼地域欄「自由帳」に載りましたとの情報をいただきました。あらためて読ませていただくと、とても素敵で、とても嬉しくなる文章なので、皆さんに紹介したいと思います。

 

「ぼくのしょうらいのゆめは、ドクターヘリのうんてんしゅです。ぼくのおかあさんは、びょういんではたらいていて、とてもかっこいいです。だからぼくもたくさんの人(ひと)をたすけられるドクターヘリのうんてんしゅになりたいとおもいました。そのためにたくさんべんきょうをして、そうじゅうがうまいうんてんしゅになります。いつかおかあさんといっしょにびょういんではたらきたいです。」

 

とても素敵な、私たち職員を励ましてくれる文章をありがとうございます。

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

3月26日 令和2年度臨床研修修了式を行いました

326日夕方、当院多目的ホールで、令和2年度の魚沼基幹病院臨床研修プログラムの臨床研修修了式を開催しました。

 

魚沼基幹病院では、平成31年度(令和元年度)、令和2年度と、2年続けて基幹型臨床研修病院として研修を開始した研修医はいませんでしたが、昨年7月から、平高明音(ひらたかあかね)先生が、首都圏の研修病院での研修が新型コロナウイルス感染症の影響で継続できなくなったため、研修中断後の研修再開を当院のプログラムで行っていました。

 

先生は2年目の研修として、当院での救急科、整形外科、総合診療科、内分泌代謝内科、精神科、麻酔科、小児科、産婦人科の研修のほか、小出病院で地域医療研修を行い、各診療科指導医から、非常に高い評価を受けていました。

 

都会育ちの先生ですが、魚沼地域、新潟県をとても好きになっていただき、県内の各地にも足を運んでくださったようです。

 

この度、令和2年度臨床研修修了式を開催し、臨床研修修了証を授与するとともに、関係者で先生の研修修了をお祝いし、最後に参加者で記念撮影を行いました。

 

今後の専攻医としての専門研修においても、魚沼での臨床研修を忘れずに、患者さんを第一に思える素晴らしい医師になってくれることを期待します。

 

平高先生、臨床研修修了おめでとうございます。

 

 

ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

3月16日 4名とも医師国家試験合格おめでとう!

魚沼基幹病院ではこの4月から、4名の臨床研修医の先生が研修を開始する予定になっています。4名はそれぞれ出身大学も異なり、3名は当院の臨床研修プログラムで、1名は新潟大学医歯学総合病院のプログラムで、医師としての第一歩を魚沼でスタートすることになります。

 

316日、今年度の医師国家試験の合格発表があり、4名全員から国家試験に合格したとのうれしい知らせがありました。本当におめでとうございます。

 

医学部を卒業しても、医師は医師国家試験に合格しないと医療はできません。数十年前になりますが、私自身も国家試験に合格し研修を開始する時の喜びと期待と不安を、あらためて思い出しました。

 

4名の臨床研修医の先生が、当院で研修を始めるに当たって、より良い研修ができるよう、また、魚沼の地で医師としてスタートしたことをよかったと思えるよう、病院として精一杯応援したいと思います。

 

皆さんも、研修医への応援をよろしくお願いします。

PAGE TOP