ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

がんばれ、根尾昂選手!

こんにちは、救命センター医師の山口征吾です。

 

今回はちょっと、魚沼基幹病院とは無関係な話題です。

 

大阪桐蔭で甲子園春夏連覇の立役者、根尾昂選手。

二刀流とも言われ、勉強もできて、中学時代にはアルペンスキーで全国優勝の経験もあるスーパースターです。

 

芸能ニュースなどでは両親が医者という話題も取り上げられていました。

 

実はその根尾選手の両親は、私の同級生です。

 

自治医大14期生の私たちは1985年の入学です。

根尾浩君は岐阜県の合掌造りで有名な白川郷の出身です。

勤勉な生活はみんなの模範でした。学業は優秀で、スポーツも得意でした。バレー部のキャプテンもしていました。

夜、寝る前に寮の大ラウンジでバレー部のみんなで筋トレをしていました。

 

卒業後に彼の奥さんになる西本さんも同級生でした。

やはり学業は優秀で、バドミントン部で活躍していました。

西本さんの授業のノートはとてもきれいに書いてあるので、試験前にはコピーが出回り、とても役に立ちました。

 

根尾昂選手を見ていると、二人の顔にそっくりで、33年前にタイムスリップします。

そうそう根尾君はいつもこんな表情をしていたなあ、西本さんの横顔によく似ているなあと感慨にふけってしまいます。

 

あの当時、ネオという名前はめずらしいと言っていましたが、今ではすっかり全国区です。

 

2人とも診療所で地域医療に貢献しています。

残念なことに卒業後は1回も会えていません。

 

根尾昂選手はプロ野球への進路が決まりました。

がんばれ! 応援しています。

 

PAGE TOP