ブログ

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

耳鼻咽喉科・泌尿器科・神経内科ブロックです。

アレルギー性鼻炎、鼻出血、めまい、難聴、いびき、顔麻痺、嚥下障害…と老若男女問わず訪れる耳鼻科。狭い穴を診る6本のファイバーはフル稼働、洗浄のタイミングを見て診察順番にも頭を使います。

子供の押さえは安全第一!技と腕力が必要で、時には親に代わり泣きじゃくる子供を抱き診察椅子に座ることも…。子供が好きなシールで機嫌直しと仲直りの儀式。

医師の質問に対し食い違う答えをする難聴患者の間に立ち、低い声でゆっくりと話しかける事も忘れません。これから訪れる花粉症シーズンは患者数が増加するため、今からドキドキです。

 

一日に100人を超える患者が訪れる泌尿器科は、抗がん剤治療や手術を予定する件数がとにかく多いです。本人の気持ち、理解度を確認して補足説明をしています。その合間を縫って処置や、検査介助を行い、診察が滞らないようにしています。医師も診察室と3つの処置室を行ったり来たり…。緊急手術になることもあり、分担して連係プレーはお見事です。驚くことに、年配のN先生は食事を一切取らないで外来を続けます。口癖は「外来はいくら人数が多くても、休まず診察さえすれば終わるんだから」なのですから…。

 

Cブロック受付から一番遠い神経内科は、ドクターズクラークがいないため医師が患者さんの呼び込みをしています。医師は早く患者さんを診察してあげたいという思いから、患者さんがブロック受付をするや否や診察室に呼び込みをしてしまいます💦歩行が不安定な患者さんは、Cブロックのカーブを曲がり耳鼻科前の長い直線を歩き始めたばかりで、呼ばれていることなど露知らず…。神経内科前の長椅子に座り一安心かと思いきや自分の番号が表示されているという、何とも微笑ましい光景が目にとまります。

 

8時間勤務の職員3人、時短職員(15:15や16:45までの勤務)3人、パート職員3人で狭いバックヤードを行ったり来たり、毎日奮闘しています。30歳以上の年齢差を生かしたチームワークで、これからも頑張ります💪

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

東5病棟です

こんにちは! 東5病棟です!

東5病棟は消化器内科・外科、泌尿器科、循環器内科の混合病棟で

毎日検査や手術、入退院が多いですが、

メンバー皆で協力し合い、活気ある病棟です。

 

東5病棟では年に数回、

バーベキューや球技大会、日帰りスキーなど

みんなで楽しめるイベントを企画しています♪

 

最近はボウリング大会が行われました(*^^*)

 

仕事だけでなくプライベートでも仲良く、

みんなで楽しめるのは東5病棟の良いところだと思います!

 

 

来年度もみんなが活気づいていけるような

様々なイベントをしていきたいと思います! 

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

外来ブログ始まります!!~2階Cブロック~

皆さんこんにちは!!

外来をブロック別に紹介します。今回は2階のCブロックについて紹介します。

Cブロックにある内科は毎日1番~8番の診察室で診察を行っています。

 

 

 

内科外来担当の医師は全部で18人!!一日に外来に出る医師は8人です。

優しくておもしろい総合診療科の高田先生と高田先生の診察につくことが多いクラークの駒形さんです。

高田先生はアルビレックスの観戦が趣味だそうで、観戦の時には青とオレンジのアルビレックスのユニフォームを着て観戦にいかれるそうです(^o^)

 

 

内科外来では看護師5人・クラーク8人で日々患者さんの診療がスムーズかつ安全に行えるようサポートさせて頂いています。また、診療だけでなく在宅酸素・在宅自己中射・消化器のチューブ管理について相談やアドバイスもさせていただいています。

 

 

午前中は診療が主ですが、午後からは予約変更の電話を受けています。予約変更だけでなく時間外での受診希望の電話や症状に対する相談など、様々な内容の電話の対応をしています。一人一人の患者さんが安心して診療を受けることができ、安心して自宅での生活を送れるようサポートさせていただきたいと思いますので、心配なことがあれば気軽に声をかけてください。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

坂本すが様・大久保清子様と「はいチーズ!」

こんにちは看護部長の今井です。

1月24日(金)記録のコンサルに入っていただいている、日本看護業務研究会(JASNi)のユーザー会に看護記録委員と出席してきました。

同じくコンサルに入っていただいている病院やHC-BOOKSをすでに導入している病院が対象です。実際に導入していて、良かった点、苦労したところなど率直な話を聞かせていただきました。準備期間については、作業時間や必要な人員、職員への周知の方法など、やらなければいけないことがたくさんありました。魚沼基幹病院へは時間をかけて電子カルテのリプレイスに向けて準備をして行く予定です。

研修会や懇親会の中では、大久保代表のほか副代表で前日本看護協会長の坂本すが様も参加されており、これからの看護界のことや昔話やらで盛り上がりました。

最後は記念撮影で魚沼チームも一緒に取っていただきました。感激です。ありがとうございました。これからも看護記録の改善に取組みます!

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

東4病棟です

東4小児科病棟です。

12月はクリスマスの月です。

病棟もクリスマスの飾りつけで、

味気なくなりがちの入院生活にささやかな心のケアを演出しています。

毎日忙しいく大変ですが、子供たちの笑顔や患者さんの言葉に元気をもらいみんな頑張っています。

もうすぐ赤ちゃんが生まれるスタッフも3人います。みんな元気で生まれてきてね。

まってるよ~。(●^o^●)

We wish a Merry Christmas and  Happy New Year!    

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

育休をとります!

内視鏡室看護師の鈴木(男)です。

 

最近、男性の育休取得がニュースで話題になっているのを見かけます。

生後2ヶ月の子どもがいる私もありがたいことに今月から育休を取らせてもらうことになりました。

 

“なぜ育休を取ることになったのか”

私の経験談をお話ししていきます。

 

子どもが産まれてからは妻の里帰り先の新潟市まで仕事が休みとあらば会いに行きました。

 

夜中だって問答無用で泣く子ども、起きる妻。

 

出産の痛みを乗り越えてから1度も休まず育児を続ける妻に、私は胸を張って育児をしてると言えるのか。

育児は手伝うものじゃないと言いますが、今の私にはお手伝い程度のことしか出来ていないと痛感します。

 

男の私には母乳こそ出せませんがそれ以外のことなら出来るはず。出来ることだらけなのにやれていないのが現状です。

 

子育てに奮闘する妻とかわいい我が子を見て、自分も本気になって子育てに向き合うべきでは?とその思いが日に日に強くなっていったのです。

 

 

そうは言っても考えるのは職場のこと。

 

うーん、、、なかなか言い出せませんでした。

世の中の男性が皆そう思って育休が取りづらいのでしょう。私も例外ではありません。

 

そんな私に声を掛けてくれたのは他でもない職場の方々でした。

 

『自分だけで考えないでまずは相談してみたら良いんじゃない?』『今の子どもと過ごせる時間は今しかないんだから』

 

『鈴木がいない分はこうやって調整すれば良いんじゃないか?』

私が気負わないようにそこまで考えてくれる方もいました。

 

優しい言葉に背中を押してもらい、師長に話すとすぐに快諾してくれ、全力でサポートしてくれました。

 

育休をとらせてもらうことを宣言した朝のミーティング。

職場の方たちみんなが『良かったね〜!』と声を掛けてくれました。とても印象に残っています。

 

 

こうして私は1ヶ月間、育休をとらせてもらえることになりました。

 

夫婦で1ヶ月間子どもに向き合う時間は相当な価値があると感じています。その価値に見合う育児が出来るように、妻とあれこれ言い合いながら子育てしたいと思います。

 

子どもの写真をスマホの待ち受けには絶対しない!なんて言ってた私ですが、産まれたその日には子どもの写真に変えてました(笑) 勝手ながら我が子の写真も載せておきます。

 

 

この話の続きは育休後にお話しします。

 

次回 、『育休から戻ってきました!』編をお楽しみに。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

9月20日 リーダースキルアップ研修

現任教育委員の高野・豊野・西本・藤井です。

9月20日に臨床経験5~10年目の看護師を対象としたリーダースキルアップ研修を開催しました。

研修内容は・アイスブレーキング・講義・グループワーク・目標達成のポイント、としました。

アイスブレーキングでは自分の特徴を5つの色で分ける性格診断テストを行いました。一番目の質問は「目立ちたがりですか?」となっていたのですが、なんと研修者の9割以上が「いいえ」と回答しており、看護師って謙虚で奥ゆかしい人の集まりなんだなぁ~と実感しました。

講義では、まず組織の一員としての役割を認識してもらい、その後にリーダーシップ理論の中で現在よく用いられている「SL理論」を学んでもらいました。

 グループワークでは、「看護師あるある」を元に、日々リーダーを実践する際にメンバーへの依頼(指示)や指導で困るような場面を事例にあげ、SL理論を活用し対応策について検討してもらいました。どのグループも活発な意見交換が行われ、発表でも積極的な手挙げがみられて、意識が高い向上心がある素晴らしい人達だなぁ~と感じました。

 最後に目標達成のポイントとして、目標を意識して行動すると視界が変わってくる体験を受けてもらい、研修者が今後の部署活動に前向きに取り組めるようにやる気を高めました。

 他の委員や管理部の協力もあり、全体を通し盛り上がって活気のある研修になりました。研修者の皆さんは、これからの各部署で実践となります。「応援していますよ!」

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

Hello! 人工透析室です♪

みなさん!こんにちは♪人工透析室看護師の池田・小幡・鈴木です。

今回は、当院の人工透析室についてご紹介します。

透析室では、様々な理由で腎臓の働きが正常に働かなくなった腎不全の方に血液透析を行っています。

現在、ベッドは21床あり、医師3名、看護師9名、臨床工学技士2名で患者さんのサポートをしています。

 

今年度より、理学療法士による腎臓リハビリも始めました。

また、医師をはじめ看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、臨床工学技士による合同カンファレンスを毎週行い、積極的にチ-ム医療に取り組んでいます。

当透析室は、開設から4年目で年間約5000件の血液透析を行い、昨年度の透析導入者数は15名、他院からは28名の転入者を受け入れています。

また、腹膜透析にも力を入れており、11名の方が通院しながら日常生活を送っています。

血液透析以外では、療法選択外来も行っています。

看護師が患者さんに血液透析と腹膜透析の両方について説明し、情報を提供しています。

当透析室では、専門的な治療を必要とする他院からの透析患者を、積極的に受け入れると共に、近隣の病院との連携を図っています。

今後も魚沼・南魚沼地域の拠点医療として血液・腹膜透析を必要としている患者さんに、安心・安全な透析医療を提供していきたいと思います。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

東京最強!?の災害拠点病院を見学してきました

救急外来で勤務する内視鏡看護師の榎本です。

先日、東京都にある都立広尾病院の防災訓練を見学してきました。

広尾病院は災害拠点病院に指定されている総合病院で、ベッド数は400床。

規模は当院とほぼ同じといえますが、災害対策に力を入れており毎年防災訓練には全国から見学希望者が集まります。

  

大規模災害を想定した訓練が始まると、大勢の傷病者が病院に押しかけてきました(患者役は近隣の看護学生でした)。

広尾病院では多数傷病者に迅速に対応するために、まずは救急外来で傷病者を受け入れるとのこと。

災害対策本部が立ち上がる前から重症な傷病者に対応していきます。

 

災害対策本部が立ち上がりトリアージポストが設営されると、順次トリアージされた傷病者が各トリアージエリアに割り振られ治療が行われていきます。

特に重傷者が集まる赤トリアージエリアでは、リーダー医師の元に情報が集約され、トリアージ、治療、搬送が淀みなく円滑に進む様子を見ることができました。繰り返し行われてきた訓練と、改善されてきた災害マニュアルの賜物だと思われる素晴らしい訓練内容でした。

見学前の講義でとても印象的な言葉があります。

これからの時代の防災とは「起きた災害に対応する」のではなく、「災害が起きてもいかに病院機能を維持できるか」を考えるべきだと。

 

災害が起きても病院の機能を維持するために必要なことはなんでしょう。

 

それは、基幹病院の職員一人ひとりの力です。

 

今回の研修で学んだことを大勢の人と共有したいと思っています。

防災に興味がある人、DMATってなんかカッコいいって思う人、不安はあるけど話なら聞いてもいいという人はぜひ一緒に基幹病院の防災について取り組んでいきましょう。

 

最後に、広尾病院は都心部にあるとても素敵な病院でした。

なぜ素敵な病院なのか。

その秘密を発見しました。

病院内にスタバがありました。

素敵な病院にするために、どうかスタバを基幹病院に作ってください!

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

サマーインターンシップin魚沼基幹病院

こんにちは。看護副部長の永高です。

8月16日・22日にインターンシップを開催しました。たくさんの参加ありがとうございました。

インターンシップの準備、運営は、卒後3年生・卒後4年生が中心に実施しました。この先輩たちもインターンシップを体験し当院の就職を決めたそうです。たった2-3年でこのように成長するのだと、リアルに感じた学生さんもいたようです。

短い時間でしたが、当院を選んで参加してくれた学生達に真摯に向き合い楽しい時間を共有できました。

私自身学生さんより大変刺激をうけ、若返り??した2日間でした。今後も魚沼基幹病院に興味を持ってくれたら幸いです。

              

8/16担当の山田と桑原です。その様子をお伝えします。

 

8/16は、12名の看護学生さんが参加しました。県外や市外などの遠方からの学生さんもいらっしゃいました。

体験内容としては、病棟見学体験と夜勤シミュレーション、吸引や採血の看護技術を体験してもらいました。

学生さんのみならず、担当していたスタッフも緊張でドキドキしていましたが、和やかにとても楽しく行うことができました。

病棟見学では、病棟の雰囲気が良かったとアンケートの回答が多くあり、とても嬉しく思いました。

 インターンシップの最後には、ヘリポートを案内しました。学生さんのみならず、担当していたスタッフも、普段見ることのない景色を見ることができとても興奮しました!

 参加してくださった学生の皆様、ありがとうございました。そして、何かのきっかけでこのブログに目を通し、当院のインターンシップに少しでも興味がわいた学生さん、ぜひインターンシップに来てください!お待ちしています。

 

8月22日担当の小林・佐藤です。その様子をレポートします(^_-)-☆

 

最初は緊張気味の学生さんたちでしたが、自己紹介を行うと早くも打ち解け、初対面とは思えない和やかな雰囲気になりました。

学生さんたちは新人研修に興味を持ってくれていたので、当院の新人研修を体験してもらいました。

採血を初めてする学生さんもいましたが、みんな一発で成功していました!

部署見学では、実際に病棟に行き、働いているスタッフを見て、雰囲気を知ることができて良かったと感じる学生さんが多かったようです。

 

最後に、先輩との座談会を行いました。

入職後のことや、勤務体制のことなど、質問がたくさん出ましたが、先輩看護師の声を聞くことができたと好評でした。

みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています!