ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

第1回うおぬまメディカルラリー開催で、さらなるチーム力アップ

こんにちは。

救命センターの霜垣です。

 

2月27日、魚沼メディカルラリー実行委員会の主催で

うおぬまメディカルラリーが開催されました。

当救命センターのスタッフも、メディカルラリーの

運営スタッフ(ボランティア)として多く参加しました。

 

※メディカルラリーとは?

医療チームが、模擬の傷病者を診察して、決められた時間内に、どれだけ迅速で正確に治療を行なうことができるかを、競い合う競技会のことです。具体的には医師や看護師、そして救急救命士がチームを組んで、出動指令に従い、指定された場所へ出動します。模擬の傷病者は、さまざまな決められた演技をするので、それに対する的確な救急処置を行っていきます。

 

 

企画段階から関わったスタッフや

当日の運営をサポートしたスタッフなど、

いろんな関わり方でメディカルラリーをお手伝いしましたが、

皆一様に目標としていたのは

「スタッフも選手も楽しめるメディカルラリー」

でした。

 

運営スタッフとして関わったのは、

当院スタッフのほか、消防の有志。

仕事が終わった後、時間を作って集まり、

あれやこれやと企画を練っていました。

 

そんなスタッフたちは、こんなことを思っていたようです。

・地域の皆様にも災害や救急への取り組みを知ってもらいたい。

・メディカルラリーを楽しみにしている方に応えたい。

・魚沼をアピールしたい。知ってもらいたい。

・消防と病院と、もっともっと連携したい。

・ラリー参加者の学びの場であることはもちろん、

 運営スタッフとして参加した人たちにとっても学びの

 場になるようにしたい。

 

そんな様子、想いを目の当たりにして、

私自身、熱い想いのスタッフが本当にたくさん

いることに気付かされました。

 

ボランティアとはいえ、

メディカルラリーにスタッフとして参加したことを通じて、

また一つ、救命センターのチーム力もアップしたような気がします。

本当に嬉しく思います。

 

IMG_0010 IMG_1481 IMG_1443 IMG_0039

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP