ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

新潟ドクターヘリ2号機

救命センター医師の山口です。

 

先日、新潟ドクターヘリ2号機の訓練があり、

初めて魚沼基幹病院の屋上ヘリポートに飛んできました。

 

2017年春から就航予定です。

基地病院が長岡赤十字病院です。

長岡から飛んでくると

魚沼地域までは何と10分ほどです。

 

私たちの病院からも

救命センターの大橋さとみ医師が

フライトドクターとして月に1回程度搭乗予定です。

 

イタリア製のアグスタウェストランド社製AW109SPという機体で

実運用速度は時速278kmになります。

最も速いドクターヘリです。

飛行中にタイヤが収納されて、

空気抵抗が減るタイプです。

 

 

今までドクターヘリの恩恵を受けられなかった上越地域にも

すばやく飛んでいくことが可能です。

 

魚沼地域は山岳遭難が多く、

県警ヘリ、

消防防災ヘリ、

海上保安庁ヘリ(さすがに海がないので、訓練の1回だけですが)

と多数のヘリが飛んできています。

 

ずばり慣れています。

 

ということで、

今回の訓練もあっという間に終わってしまいました。

 

その時間を利用して、

小児科の先生方にも参加してもらいました。

新生児の搬送があるかもしれないので、

保育器の運搬の手順を確認しました。

 

とはいえ、

冬期間は悪天候の日が多く、

ヘリもほとんど活用できません。

 

これが雪国のつらいところです。

 

dsc_0013

PAGE TOP