ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月1日 新潟日報「みんなの診察室」に魚沼基幹病院整形外科・目良恒先生登場 「偽痛風」とは

整形外科・目良恒先生は、下肢の関節外科が専門です。

今回、新潟日報「みんなの診察室」に登場し、偽痛風(ぎつうふう)について解説しました。

 

血液中の尿酸値があるレベルを超えて高くなると、尿酸の結晶ができます。

これを白血球が処理するときに炎症が起き、足の親指の付け根などが赤く腫(は)れて、痛くなります。

これが、風が吹いても痛いという痛風です。

 

偽痛風は、尿酸以外の結晶が関節にたまって痛みを起こし、膝関節が多いそうです。

 

天気がすっきりしない毎日です。

また、もうじき猛暑の季節です。

目良医師

「偽痛風は体調の変化が原因になりますので、くれぐれも体調に気をつけてお過ごしください」

 

 

(新潟日報から)

 

(魚沼基幹病院HPから)

PAGE TOP