ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

6月3日 新潟日報「みんなの診察室」に魚沼基幹病院消化器内科・阿部聡司先生登場 「肝血腫」とは

消化器内科・阿部聡司先生は、日本消化器病学会と日本肝臓学会の専門医です。

新潟日報「みんなの診察室」で、肝血腫について解説しました。

 

肝血腫は約30名(成人)に一人、見つかるそうで、けっこう多いのにびっくりします。

肝血腫そのものは良性腫瘍で、大きくならなければ症状もなく、様子をみていいようです。

 

阿部医師

「超音波検査で診断できますが、紛らわしい場合はCT検査やMRI検査で肝臓がんを除外します」

 

魚沼基幹病院は、魚沼地域で唯一の3T-MRI(高精度MRI)が稼動しています。

 

(新潟日報より)

PAGE TOP