ブログ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

フィジカルアセスメント研修(呼吸器編)の報告

今回は、NICU看護師より院内の勉強会について報告です。

 

———-

先日、呼吸の観察の仕方や観察からどのような看護が必要か、

導くための勉強会がありました。

 

講師は、当院の集中ケア認定看護師です。

勤務終わりのスタッフも、休日に参加したスタッフも、

みんな真剣に聞いています。

 

患者さんに異常な呼吸のサインがあったとき

実際に患者さんがどのような呼吸をしているのか、

その時にどこを見たらわかるのかのポイントを教わりました。

 

実際にどんな呼吸の時にそのサインが出るのか、

やってみます。

 

聴診ではどこを聴くのか、どんな音がするのか?

 

触診ではどこをどのように触れたらいいのか?

講義とともに、実践してみます。

 

診察といえば聴診器で

胸の音を聞くことをイメージする人が多いと思いますが…

呼吸の状態をよく診察するには、見るポイントはたくさんあります。

 

・患者さんの症状を具体的に聞く

・どこでどんな呼吸音が聞こえるのか聴診器で聞く

・呼吸に関わる筋肉の動きはどうかよく見て触れてみる

・呼吸の回数や胸の上がり方はどうかをよく見る

 

呼吸の苦しさの原因は何かを考えて、

どんな看護をしたら楽になるのか、

症状がある中で、どのような過ごし方をしたら日常生活を楽に過ごせるのか

導き出せたら患者さんが楽に過ごせるようになる。

 

楽そうな姿を見て、私たちもうれしくなる。

そしてそんな看護の面白さがあるから、看護師は頑張れるんだなと思いました。 

楽しく学び、患者さんのためになる、勉強会は面白いのです。