ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

新しい面会のかたち

こんにちは、看護師の入田です。

新潟県ではコロナが少し落ち着いていますが、東京をはじめとした首都圏では緊急事態宣言時以上に感染者数が増えていることに皆さんも不安を感じているのではないでしょうか。

 

この東京をはじめとした首都圏でのコロナの感染者増加は、単に感染拡大を意味しているだけではありません。

首都圏での感染拡大によって、当院のように離れた地方では感染を予防するためにご家族と入院中の患者さんとの面会を制限しています。

これは病気や怪我をしている家族に触れたり、声をかけることができないのです。

 

ご家族が大切な家族である患者さんと会えず、不安や寂しさを抱くように、看護師もまた急いで駆けつけたご家族に面会ができないことを伝えなければいけない状況に葛藤を感じていました。

 

そこで、当院ではこのような状況の中、少しでも入院している患者さんとご家族の不安を和らげるよう、Skypeが5月から導入されました。

 

iPadを使ったSkypeによって画面越しですが、家族と話すことや様子を見ることができます。

意識のない患者さんにも家族の声が届くように、看護師がお手伝いをしています。

Skypeでの面会をされたご家族の中には、意識のない患者さんがご家族の声に反応し指を動かしており、その様子をご家族が見てとても喜ばれていました。

 

患者さんの病状回復にご家族の支えは絶大です。

 

  

 

 写真はスタッフによるSkypeの様子を再現しています。

※コロナの感染状況に合わせて面会制限は変更されています。

 

コロナ禍での新しい面会方法として定着してきています。

 

ですが、早くご家族が直接面会できるよう、

コロナが落ち着く日が来ることを心より祈るばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

ACUの4月からの転入職員自己紹介

こんにちは、4月より救命センター勤務になった清塚です。理由は詳しく書きませんが、高校生の時から憧れていた領域であり、救命センターで働きたくて看護師になりました。最初はただ漠然とした目標でしたが、大学時代の救急・集中ケア実習での経験からより強い希望になりました。

 

その実習では、冠動脈バイパス術後の患者さんを受け持たせてもらいました。ICUは人工呼吸器をはじめ、今までの領域別実習では見たことのないものばかりでした。病態や薬剤、モニターや人工呼吸器など勉強しても追い付かず、ようやく関連図、看護計画ができたときには患者さんは一般病棟に転棟になりました。

 

重症患者の看護やコミュニケーション方法などわからないことばかりでしたが、実習の振り返りをしているときに、「こんな看護ができれば...」「あの時はこんな状態だったのか!」と悔しい気持ちと、わからなかったことが少しだけわかるようになった時の気持ちから、将来は絶対に救急・集中ケア領域に行こうと気持ちが固まりました。

 

異動して3か月経ちますが、周りの方々に支えられながら毎日多くの学びがあり充実して過ごせています。ただ、今年はコロナウイルスの影響で行きたかった研修や楽しみにしていた飲み会すべて中止になってしまいました。自粛期間でどこにも行けませんが、そんな自粛期間に僕がやっていることを紹介します。

 

ブログを読んでいるみなさん、魚沼地域のソウルフード「もつ焼き」はご存知ですか?魚沼の生モツは他の地域のモツとは全く違います。ジューシーなのに飽きません(笑)。

 

僕は自粛期間中、1人でももつ焼きしていました。まだ、今シーズンモツを焼いていない方!魚沼地域以外から来ている方!もつ焼きは「3密」を避けられます!そしてビールの最高のお供です。ぜひモツを焼いてください!

でもやっぱり、もつ焼きはみんなでやるのが楽しいので、コロナウイルスが落ち着いたらみんなで一緒に焼いておいしいビールを飲みましょう!!

 

 

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

見せましょう、私たちの力を

救命救急センター医師の山口征吾です。

 

この救命救急センターがオープンして5年が過ぎようとしています。

 

開院当初は、まさに素人軍団でした。

ところがどうでしょう。

今では、すっかり立派な救命救急センターです。

 

この春も、数名のスタッフが巣立っていきました。

送別会も開いてあげられず、残念でした。

 

多くのスタッフが情熱を注いで、作り上げた救命救急センターです。

こころのある、情熱のある救命救急センターです。

 

今まさに、新型コロナウィルスの脅威がすぐそこまで、やってきています。

私たちの救命救急センターは、その渦の中に巻き込まれていくかもしれません。

 

その時こそ、見せましょう、私たちの力を、私たちの情熱を、不屈の魂を。

私たちには、その自信があります。

 

ただし・・・

 

感染者が急増した場合には、簡単に医療崩壊を起こしてしまうでしょう。

新型コロナウィルス感染症で多くのひとが死亡する。

通常なら助かる病気でも、手が足りず、亡くなってしまう。

 

そんなことは容易に想像がつきます。

市民のみなさんには3つの密 密閉・密集・密接を避ける、不要不急の外出を避けることを是非ともお願いいたします。