年別アーカイブ:2021年

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

8月22日 緩和ケア研修会を開催しました

地域がん診療連携拠点病院として緩和ケア研修会を開催しました。

 

当院では、魚沼圏域における緩和ケアの推進を目指し、令和2年度から毎年1回緩和ケア研修会を開催しています。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から今年度も参加対象者を当院職員に限定させていただきましたが、魚沼市立小出病院から受入要請があり医師1名を受入れました。

 

今年度は、医師4名を含む、がん等の診療に携わる全ての医療従事者(医師、看護師、薬剤師、放射線技師、その他)計26名が受講しました。

 

令和4年度は、新型コロナウイルス感染症が収束し、地域でがん診療に携わる全ての医療スタッフに受講していただけることを祈念しております。

 

 

【参考】

緩和ケア研修会についてお知らせ(新潟県)

https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/iyakukokuho/1263848513528.html

 

緩和ケア研修会(PEACE)

https://peace.study.jp/rpv/

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

7月16日 新潟日報「魅力∞無限大」からだにやさしい治療センターが掲載

地域の安心へケア拠点開設「魚沼基幹病院が治療センター ~ 患者の負担軽減 高度医療に注力」と題して掲載されました。

低侵襲治療を推進する目的で令和3年3月に開設した「からだにやさしい治療センター」に関する記事が新潟日報魚沼地域版に掲載されました。

 

電子版 新潟日報モア(NIIGATA NIPPO MORE)にも掲載されています。

患者の負担軽減 高度医療に注力 魚沼基幹病院が治療センター開設

https://www.niigata-nippo.co.jp/life/medical/news/20210716628841.html

 

新潟日報社 魚沼総局の取材を令和3年7月6日(火)に受けました。

当日は、センター長の加嶋先生(産婦人科)と副センター長の佐藤先生(消化器外科)を中心に、低侵襲治療の内容について、お話させていただきました。

 

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

行事食メニュー、コンセプトメニューのご紹介

栄養管理科の恩田です。

 

栄養管理科では年間の行事に合わせたお食事を提供しています。

7月7日の昼食は、「たなばた」の行事食メニューです。

 

~メニュー~ 七夕そうめん 魚の天ぷら かぼちゃの煮物 お星さまゼリー

 

また、季節の行事食以外にも、今年度はコンセプトメニューとして「味ごよみ~今日は何の日?~」を実施しています。その月にちなんだ食材を使用したメニューを提供します。

6月15日は「生姜の日」ということで、ジンジャーピラフ、麦と野菜のスープ、あじの梅マヨ焼き、モロヘイヤのお浸し、あじさい風デザートでした。

 

 

ささやかですが、療養中の皆様の癒しとなれば幸いです。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

七夕飾り

広報担当の山田です。

 

当院では6月28日から7月9日までの間、毎年恒例の七夕飾りを実施しました。

 

病院ロビー

 

当院職員により飾りつけられた笹には、患者さんや来院された方々の願い事が書かれた短冊がつるされました。

 

リハビリ室          小児科外来

 

どうか皆さんの願い事がかないますように…。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

地域をつなぐ「院内感染対策研修会」を開催しました。

医療安全管理室の目崎です。

 

先日、令和3年度第1回院内感染対策研修会を開催しました。

テーマは、「新型コロナウイルス研修会第3弾」。

令和2年度に第1弾、第2弾を開催し、今回は第3弾でした。

新型コロナウイルス感染症は無症候性感染者が存在し、無症候性感染者からも感染してしまい、そしてPCR検査には限界があるため、とてもコントロールが難しい感染症です。しかしその一方で、平常時の基本的な感染対策を続けることで、制御することが可能になる感染症でもあります。

 

感染症は人が動けば同じように動いていきます。そのため、感染対策を地域全体で取り組むことが重要です。地域のために頑張って働いている皆さんと魚沼基幹病院職員とが一緒に感染対策を取り組めるよう、地域(南魚沼、魚沼、十日町)の病院や介護福祉施設を対象に、患者サポートセンターから研修会の案内を出させていただきました。

 

 

その結果、なんと71と多くの施設から申し込みがありました。

 

当日は当院でも会場を分散し、職員300人が参加。他施設もオンラインでつなぎ、450人の方々に参加いただきました(全体で750人の参加)。自施設の患者さん、または利用者さんを守りたいとの皆さんの思いと関心の高さを強く感じることができました。

 

 

オンラインではありましたが、地域内が一つにまとまった、そんなことが感じられた研修会となりました。

 

参加された皆様、ありがとうございました。

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

当院職員が聖火ランナーに!笑顔をお届けします

地域医療部 患者サポートセンターの髙橋と申します。

 

先々週、新潟県にもオリンピックの聖火がやってきたところですが、

当部署の職員が、聖火ランナーとして魚沼圏域の聖火ロードを走りました。

 

当日はあいにくの大雨で、傘なしではいられないほどの本降り……と思いきや、

なんと走る頃には小雨にまで落ち着き、笑顔いっぱいのRunとなりました。

さすが晴れ女!!!

 

「地域の皆さんに、少しでも明るさが灯ればという想いも含め、聖火をつなぎました」(本人談)

ブログをご覧の皆さんにも笑顔をお届けします。

 

(鈴木病院長と撮影)お二人とも笑顔が太陽のようです。

 

(須田地域医療部長と撮影)先生もトーチが似合ってます!

 

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

薬剤部の紹介動画ができました!

薬剤部の紹介動画ができました!

 -薬剤のジェネラリスト、さらにはスペシャリストへ-

 

 薬剤師確保のため、新しく薬剤部を紹介する動画を制作いたしました。

 病院薬剤師の業務紹介、働く環境や薬剤機器等、多面にわたる当院薬剤部の魅力をお伝えいたします。

 

 ・YOUTUBE 薬剤部紹介動画

 

 職員採用試験(薬剤師)【新卒・既卒】の募集を行っています。

 是非、お友達やお知り合いにご紹介ください。

 

 ・ホームページ 職員募集[薬剤師] | 魚沼基幹病院 (uonuma-kikan-hospital.jp)

 

薬剤師募集

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

看護部紹介動画を作成しました

看護部紹介動画を作成いたしました。

YouTube及び当院ホームページ看護部サイトで公開しております。

新しく看護人材募集のための動画を作成しましたので、ご覧ください。
【U・Iターン】働く仲間に聞いてみた!

YOUTUBE  https://www.youtube.com/watch?v=etfW6Q_yp-s
ホームページ https://uonuma-nurse.info/

是非、お友達やお知り合いにご紹介ください

令和3年度職員採用試験(助産師・看護師)【新卒】、【既卒・経験者】の募集も始まりました。
新卒  https://www.uonuma-kikan-hospital.jp/post_recruit/16848
既卒  https://www.uonuma-kikan-hospital.jp/post_recruit/16850

 

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

新型コロナウイルスワクチン、薬剤部で調整しています!

薬剤部の岩田です。

 

当院でも新型コロナワクチンの接種が始まりました。

新型コロナワクチンは超低温冷凍庫で保管され、解凍→希釈→精密に使用量をシリンジに吸引し接種、と保管から使用までの温度管理や薬液調製、使用期限の管理など細心の注意が必要です。

 

 

 

そして何より「ロスゼロ!」。貴重なワクチンですので、無駄にはできません。1本のバイアルから5人分のワクチンが準備できます。調製したワクチンが無駄なく使用できるように、当院では、綿密な計画をたてて、使用するワクチンの調製を薬剤部で実施しています。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭に奉納した大ローソクを展示しています!

広報担当 山田です。

 

当院は3月6日に関係者のみで行われた「越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭」に大ローソクを奉納しました。

その際護摩法要にて使われた大ローソクを、現在当院正面玄関前に展示しています。

 

 

大ローソクを届けていただいた浦佐多聞青年団はじめ大祭関係者の皆さま、ありがとうございました!

PAGE TOP