ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

キーワードは“引きずる”

みなさん、こんにちは

救命センター医師の山口征吾です。

 

先日、院内の火災訓練がありました。

 

今回も、入院患者さんの避難訓練を盛り込みました。

 

上の階から下の階へ避難することを、垂直避難と呼びます。

また、同じ階で火元から防火扉の反対側へ避難することを水平避難。

防火区画で守られた部屋に閉じこもり、救助を待つことを籠城避難といいます。

 

下の階に逃げるのが一番よいのですが、まったく動けない入院患者さんを移動させるのはとても大変です。特に垂直避難はつらいです。

 

担架で搬送するということもあるわけですが、非常に重たいですし、患者さんを落としてしまう危険だってあります。

病院はやはり女性の職員が多く、一部の人を除けば非力です。(笑い)

 

そこで魚沼基幹病院では、開院時から“引きずる担架”を購入し、準備してきています。

“引きずる担架”はエアーストレッチャーとレスキューキャリーマットの2種類があります。

 

患者さんを落とす心配がないこと、少人数での移動が可能なことが大きなメリットです。

階段も引きずることで、スムーズな移動が可能です。

 

エアーストレッチャーは底にポリエチレン製板を装着していますので、そりのように引きずることができます。

レスキューキャリーマットは底に板はついていませんが、魅力は安価なことです。同様に引きずって、患者さんの搬送ができます。

 

魚沼基幹病院は最新の防火設備で守られていますが、油断は禁物です。

東京消防庁の調査によると、病院火災の原因で最も多いのは放火です。

 

もしもの時は“引きずる”をお忘れなく!

 

PAGE TOP