ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

“あきらめない強い心”が起こした奇跡

救命センター医師の山口です。

 

Sさんは20代のスポーツが大好きな女性です。

その日は、自宅のある関東から湯沢のスキー場に来ていました。

 

スキー滑走中の事故でした。一瞬の出来事とは言え、あまりに大きな事故でした。

 

病院に救急搬送されて、緊急手術を受けました。

しかし、その後も手足はほとんど動かない状態でした。

 

翌朝、私はSさんと勤務交代で初めて対面しました。

このような事故の患者さんは、これから先の人生や、職がどうなってしまうのだろうと不安や恐怖、失望などで頭の中は混乱しています。

話をしたがらない方も多いです。

初めて会う時はこちらもとても緊張します。

 

予想に反して、Sさんは晴れやかな穏やかな表情でした。

びっくりしました。

今まで、こんな表情の患者さんはみたことがありません。

もしかしたら、ケガのことをあまり知らされていないのかな?

 

そんなことはありません。

彼女は自分の状況を、十分理解できていました。

落ち込むのは1年に1回だけと前から決めていたそうです。

前を向いて、今をしっかりと生きるというオーラが彼女から出ているのを感じました。

 

入院中、何度かつらいこともありましたが、彼女は前進しました。

新潟県のいろいろなことを看護師から楽しそうに聞いていました。

一般病棟へ移ったあとも、リハビリをがんばっていました。

 

2ヶ月の入院で、誰もが、びっくりするほど手足が動くようになりました。

自分で車いすを使って、一般病棟から会いにきてくれました。

最後に、わたしたち救命センタースタッフにきれいな字でお手紙を書いてくれました。

 

こんなに、上手に字が書けるまでになって・・・。

わたしたちスタッフもSさんから、パワーをもらいました。

“あきらめない強い心”は、奇跡を起こすよ。Sさんがささやいています。

 

わたしたちは、あなたをずっと応援していきます。