ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

進化する脳梗塞の治療

先日の夜のことだ。

 

突然、救急隊からのホットラインがけたたましく鳴る。

 

70歳代男性Aさん。

左半身がまったく動かすことができず、しゃべっていることも何を話しているのかわからない。

最終未発症確認時刻は20:30とのこと。

 

脳卒中を強く疑う症状だ。

 

救急車が病院到着するまで、あと15分。

準備にとりかかる。

 

どうやら発症してから長くても2時間30分。

脳梗塞であれば、発症してから4時間30分以内であれば、血栓溶解剤が使用できる。

それ以上経過した場合には、脳出血などリスクが高くなり、使用できない。

まごまごしていると、あっという間に1時間や2時間は過ぎてしまう。

時間との勝負だ。

 

Aさんが到着して、すぐに点滴と採血。

その後、頭のCTを撮影。脳出血はない。脳梗塞の陰影もまだ出現していない。

診断は脳梗塞で間違いないだろう。

 

続いて、頭のMRI。CTと違い、MRIは時間がかかる。この間に、脳外科の当番医B先生をコール。

 

MRIでは脳梗塞と内頚動脈の血栓による閉塞がわかった。

到着した脳外科B先生、「うーん、これは血栓溶解剤では溶けないなあ・・・」

 

動脈につまっていた血栓は長く、このままではAさんの命すら危ない。

 

これにさかのぼること数か月、血栓溶解療法に続く治療として、血栓回収療法の準備が始まった。カテーテルを大腿のつけねの血管から挿入し、頭部の血管の血栓を、特殊なカテーテルを使用して、取り去るのだ。

最近注目されている治療方法である。

 

すでに、準備はできていた。

あとは、この治療方法に合致する症例が現れるのを待つだけであった。

 

第1例目は、不測の事態に備えて、人手のある日中におこないたい。これは医療関係者ならだれしもが考えることである。

 

B先生は、決断した。

「よし、血栓回収療法をおこなう!」

反対する者は、いなかった。

 

すぐにスタッフが集まり、血栓回収療法が始まった。

すべてが終了したのは、午前3時を過ぎていた。

 

Aさんの動かなかった左の手足は見事に動き出していた。

 

救命センター医師 山口征吾

 

PAGE TOP