ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

「実習に来ました!!」

こんにちは、看護師の入田です。

 

現在、私は魚沼基幹病院のキャリア支援制度を利用し、都内の大学院へ通っています。

大学院では、急性・重症患者看護専門看護師になるために学習しています。

今回、8月19日~9月6日(3週間)実習のために、魚沼基幹病院のACUへ戻ってきました。

 

私は大学院の実習で、全部で6カ所の病院を体験しました。

その実習のなかで気がつくことができた、魚沼基幹病院ACUの良いところを発表します。

 

景色が良い集中治療室!!

「田舎だから当然でしょ。」と思うかもしれませんが、これは患者さんのからだにも大きな影響を与えます。ACUのような集中治療室は、器械の光や音などによって、日常とは大きく異なる環境にあります。このような環境が1つの原因となって、「せん妄」という脳の障害を引き起こしてしまいます。せん妄を予防するためにACUスタッフは、この景色を活用しています。

通常のベッドの向きでは景色が患者さんの背中側にあるため見えません。しかし、病状が落ち着き、命を守っていた器械が外れてきたら、患者さんが景色を見られるようにベッドを動かし、日常を感じてもらっています。

 

これはほんの1つの例ですが、ACUスタッフは患者さんの病状回復と家族の支援のために、いつも良い看護は何かな?と考えています。

 

私は、スタッフが患者さん、家族に最善の看護が提供できるように、お手伝いしていきたいと思います。

 

3週間、ありがとうございました。