ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

凶暴熊、魚沼市中心街に現る!

救命救急センター医師 山口征吾です。

 

10月18日、19日に魚沼市中心街に熊が出現。

初日に4名、翌日早朝に2名の合計6名の方が襲撃されました。

 

救急隊からの連絡を受けた私は、

「また熊外傷か!」と叫びました。

 

被害現場が近いことから1匹の熊によるものと考えられています。

街のど真ん中での被害で、市民を恐怖のどん底に陥れました。

 

ヘリが低空を飛び、パトカーや消防車両などがパトロールのため巡回。

エリアメールでは外出を控えるようメッセージが流れました。

 

関係者の必死の努力がありました。

魚沼市を震撼させた熊は19日に猟友会によって駆除されました。

熊は体長約1.3mの雄でした。

ニュース映像を見ると、パトカーに襲いかかり、走行中の車両に向かってくるなど、かなり凶暴な熊と思われます。

 

被害にあった方は全員、頭もしくは顔面を激しく損傷しています。

熊は賢い動物で、急所を襲ってきます。

頭部と顔面は最も狙われる部位です。

熊は力が大変強く、爪も鋭いです。

腕を一振りすれば、人の皮膚などひとたまりもありません。

 

顔面外傷は形成外科的な処置が必要になり、当院では対応できません。

3名の方が長岡市と新潟市の病院へ搬送になりました。

 

今年は山の木の実が不作で、里に熊が降りてきているようです。

熊の目撃情報が相次いでいます。被害者も多いです。

 

熊の被害を防ぐためには

  • 庭の柿の実などをさっさと収穫しておく
  • 熊と目があったら、目をそらさない
  • 山に入るときには、熊鈴やラジオなどを鳴らす
  • 山に入るときには杖やストックなど、武器としても使用できるものを持参する
  • ひとりではなく、複数でいると襲われにくい

などがありますが、状況や熊の個体差もあるので、一概には言えません。

 

十分、注意してください。