ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

見せましょう、私たちの力を

救命救急センター医師の山口征吾です。

 

この救命救急センターがオープンして5年が過ぎようとしています。

 

開院当初は、まさに素人軍団でした。

ところがどうでしょう。

今では、すっかり立派な救命救急センターです。

 

この春も、数名のスタッフが巣立っていきました。

送別会も開いてあげられず、残念でした。

 

多くのスタッフが情熱を注いで、作り上げた救命救急センターです。

こころのある、情熱のある救命救急センターです。

 

今まさに、新型コロナウィルスの脅威がすぐそこまで、やってきています。

私たちの救命救急センターは、その渦の中に巻き込まれていくかもしれません。

 

その時こそ、見せましょう、私たちの力を、私たちの情熱を、不屈の魂を。

私たちには、その自信があります。

 

ただし・・・

 

感染者が急増した場合には、簡単に医療崩壊を起こしてしまうでしょう。

新型コロナウィルス感染症で多くのひとが死亡する。

通常なら助かる病気でも、手が足りず、亡くなってしまう。

 

そんなことは容易に想像がつきます。

市民のみなさんには3つの密 密閉・密集・密接を避ける、不要不急の外出を避けることを是非ともお願いいたします。