ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

~エクステリア~ 私のこだわり

救命センター看護師 Mです。

 

昨年11月から救命センターへ配属となり、早いもので1年が経過しようとしています。2次救急病院から3次救急病院の救命センターへ環境が変わり、この1年間はかなり早い1年となりました。今まで見たことない外傷患者さんや重症敗血症、頭部外傷など様々な患者さんを目の前にし、勉強になる毎日です。

 

そんな怒涛の1年間の中、休日になると活動していることがあります。それは自宅のself 外構&DIY&薪活です。ちなみに自宅はログハウスです。ここからは完全に個人的、趣味の話になります。家を建てる計画を立ててから、いつも何か違う。住みたいと思う家になかなかたどり着かない。そんな中、某メーカーに出会い、コンセプトは「住むより楽しむ家」。そこは、色々なタイプのログハウスがあり、薪ストーブライフを楽しんでいる光景に憧れを抱き、となりました。この某メーカーユーザーはなぜか、みなさんDIYが好きな方が多く、触発されることが多いです。そのためか、メーカーがリリースしている小屋をself buildすることに。名前は「IMAGO」。これが、本当に大変。途中何度やめようと思ったかわかりません。基礎工事のみ業者が施工。その上からログウォールを積み上げ、棟木を上げ、垂木をかけ、屋根を張り、建具をつけ、床を張り、ようやく塗装し完成。気づけば半年。もう建てないと思いましたが、今ではまたやりたいです。(笑) そんなself buildの様子を一部写真にアップします。

 

 

他には、冬に使用する薪活です。薪の調達は容易ではありません。購入となると、おそらく一番コストがかかります。色々なところへ出向き、薪情報を頂き、なんとか調達しています。調達の後は、薪割りです。直径50㎝程度のケヤキの原木や長さのある原木もあり、チェーンソーでさばいて、斧で割る。真夏には絶対やりたくありません。(笑)でも、自分で作った薪棚に自分で割った薪がいっぱいに詰まると達成感があり、やめられません。

 

去年は例年にない暖冬で雪をほとんど見ない初めての経験の年でした。今年もまた、冬が近づいています。少なくとも去年のような暖冬ではないようです。今年は、コロナ+インフルエンザと感染対策が欠かせない年になりますが、マスク、手指消毒を必ずお願いします。みなさんの頑張りが、医療のひっ迫を始め、辛い思いをする方が減ります。そして新しい1年を迎えましょう。

 

PAGE TOP