ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

練習第一!

看護師の入田です。

COVID-19の流行でこのようなこれまでには考えられない世界になってから、あっという間に1年が経とうとしています。私は、県外に出ることを控えている反動もあり、ふるさと納税も含め、それ以上にお取り寄せして楽しんでいます(笑)

 

ところで、

COVID-19の対応として、人工呼吸器が装着されている患者さんに対して積極的に腹臥位による治療が行われています。

 

人工呼吸器装着中の患者さんに腹臥位療法を安全に行うためには、多くの人員とチームとしての高い技術が求められます。

人工呼吸器のチューブ等の管が抜けないように、安全に、手際よく、患者さんに負担がかからない安楽な体位にと、みんなが全集中で行っています。

 

 

当センターではスタッフ全員が同じ認識を持ち、安全に安楽にを追求し、日々、練習を行っています。

やはり、日頃の練習とチームワークが重要ですね。

 

 

写真にあるように、うちの男性看護師たちはチームワークがとっても良いです!

 

終わりの見えないコロナ渦ですが、仲間を大事にお互い思いやり、乗り越えていきましょう!

 

PAGE TOP