ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

DMAT

こんにちは。

救命センター看護師の今井です。

 

少し前の話になりますが、新潟DMAT研修を受講してきました。

そもそも、みなさん。DMATって何か知っていますか?

 

DMATとは、Disaster Medical Assistance Teamの略で、

地震などの自然災害や、航空機・列車事故などの際に被災地に迅速に駆けつけ、

救急治療をおこなうための専門的な訓練を受けた医療チームのことをいいます。

 

研修では、DMATの成り立ちや現場での活動方法などの座学、

そして他の病院のDMATチームと連携しての救護所での活動のシミュレーションなどをおこなってきました。

 

スタッフの皆さんや他の病院の受講生のパワフルさに圧倒されながらも、

「やっぱり最前線で活躍するにはこれくらいのパワーがないと」と思いながら、

自分もパワーを振り絞ってきましたよ。

 

二日間の研修のタイムスケジュールは非常にタイトで中身の濃いもので、

終わったころにはヘトヘトでしたが、

すごく充実した二日間でした。

 

当院は医師、看護師、調整員合わせて24人がDMATとして登録されています。

これから魚沼基幹病院として活動実績を作り上げていくところなので、

興味のある医療従事者の方は是非一緒に働きましょう!

271214QQ

PAGE TOP