ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

ICLS

救命センター看護師のSです。

 

前のことになりますが、

当院で開催されたICLSの研修に参加しました。

 

※ICLS(Immediate Cardiac Life Support)

 ・・・医療従事者のための蘇生トレーニングコース

 

”最初の10分間の対応”というテーマのもと、

病状が急変して心停止となった患者さんの初期対応について講義を受け、

実技中心に研修が行われました。

 

参加にあたって、

私は1年目の看護師としてどこまで内容を理解し、実践できるか

不安がありました。

 

研修内容は、

気道の確保や質の高い胸骨圧迫など新人研修でも行った救命処置に加え、

除細動器の使用や薬剤投与といった

今回初めて実践するものもありました。

 

実際に自分が主体となって行うと

「今、何をすべきなのか?」

「次は何をすれば良いのか?」

などを考えながら動くことは難しく、

頭の中が真っ白になることもありました。

 

ですが、

救急の山口医師やICLSのインストラクターの方々による指導のもと、

繰り返し演習を行ったことで、

少しずつ自信を持って動けるようになりました。

 

 

看護師は、人の命と向き合うとても大変な仕事なので、

今回のICLSの研修のように

自らの知識、技術を向上させられるような学びを大切にし、

今後もこのような機会があれば積極的に参加していきたいと思います。

 

 

 

 

 

PAGE TOP