ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

苗場プリンスホテル 救命講習

救急救命センター看護師の渡部です。

先日オープン前の苗場プリンスホテルへ救命講習に行ってきました。

私は心肺蘇生法を担当させていただきました。

胸骨圧迫、AEDの使用方法、人工呼吸について実技を交えてお話させていただきました。

心臓突然死で年間7万人もの方が亡くなっています。

心臓突然死がいつでも、どこでも、誰にでも起こりうるということをわかっていただけたと思います。

 

実技では1人1体用意させていただき(南魚沼市の子供会、十日町PUSHUに資機材をお借りしました)、

110人もの方から一斉に胸骨圧迫、AEDの使用方法、人工呼吸を行っていただきました。

最初は皆さん緊張されて、ぎこちない動きでしたが最後にはスムーズにしっかりと実技ができていて安心しました。

苗場プリンスホテルには、今シーズンもたくさんのお客様が来られることが想定されます。

センター長の山口医師は

「もしかしたら、シーズン中心臓突然死が起こるかもしれない。今回の講習をその時に役立てて欲しい」と話していました。

今回皆さんが受講されている様子を拝見し、

何かあったときはスタッフの皆さんが、今日の学びを役立ててくれると思いました。

 

完璧でなくてもいい。

倒れている人がいたら、声をかけできることをしてください。

 

このメッセージが皆さんの心に残って、今シーズンを無事に過ごせることを願っています。

PAGE TOP