ブログ

魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
魚沼基幹病院 救命救急・外傷センター
救命センタースタッフが不定期、順不同で書き綴ります。

新人看護師研修「急変対応シミュレーション」

救命センター霜垣です。

今回は、新人看護師研修で行った「急変対応シミュレーション」の様子をお伝えしたいと思います。

 

2部署合同とし、構成は前編・後編に分け、

それぞれの目標に向かい3人~5名を1Gとし1名づつシミュレーションし、

その後デブリーフィングを行い、目標達成に持っていく内容としました。

 

【前編】

目標:急変時の患者の状態をアセスメントができる

   急変時の初期対応が行える

   急変時にSBARで報告ができる

 

夜間帯の想定です。

患者さんがベッド脇に倒れている所を発見しました。

まずは人を呼んで、胸骨圧迫

シミュレーターを使い実際に胸骨圧迫・AEDを装着します。

AEDの装着と換気

はじめは、皆さん緊張した表情でしたが、

うまくできていましたよ。

デブリーフィングの様子です。

事前学習での資料を参考に「アセスメント・対応」を書き出します。

 

【後編】

目標:急変場面で指示通り動ける

 

先輩看護師が患者の急変に遭遇し、新人看護師に指示をします。

指示を受け、行動できますか?

 

BVMの準備

ヘッドレストを外します。

気管内挿管の準備