ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月15日 浦佐花火大会 花火は余計なことは考えず 眼を点と線にして楽しむ

浦佐花火大会

晴天に恵まれました。

 

花火の大きさは、私には5寸玉や尺玉がピンときますが、

最近は、5号、10号という呼び方が一般的なようです。

 

私が大学に入学した昭和41年にメートル法が始まりました。

しかし、30センチ玉というと、情緒がなさすぎますね。

日本の花火を外国であげるときは、1フィート玉というのでしょうか。

#10でもおかしいし、やはり「注釈つきの尺玉」なんでしょうか。

 

くだらないことを考えているうちに、基幹病院の花火も終わってしまいました。

花火は、余計なことは考えず、眼を点と線にして、釘付けで楽しむことをお勧めします。

 

PAGE TOP