ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

5月7日 年々増加している食物アレルギー 魚沼基幹病院で昨年150件の食物経口負荷試験

食物アレルギーの子どもは年々増加傾向しています。

最も信頼できる診断法は食物経口負荷試験ですが、全身反応が起こることもあり、

慎重を要する検査です。

 

食物アレルギーで困っている子どもたちは魚沼地域にもたくさんいます。

魚沼基幹病院小児科の田嶋直哉医師は、あいち小児保健医療総合センターで経験を

積んだ日本アレルギー学会専門医。

昨年1年間、150件の食物経口負荷試験を実施しました。

 

食物アレルギーは、血液検査だけでは確定診断ができません。

現在、さまざまな治療薬や対策がありますので、気になるお子さんは、ぜひ相談されるといいですよ。

 

(2019年2月朝日新聞)

 

PAGE TOP