ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
院長・鈴木榮一のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

2月25日 新型コロナウイルス感染症への当院の取組が新潟日報に掲載されました

新型コロナウイルス感染症は、当魚沼医療圏でも複数のクラスターが発生し、また県内全域の大きなクラスターに対しては、全県で対応するとの方針のもと、当院は圏域唯一の感染症指定医療機関として、その対応を行っています。

 

今回の新潟日報の掲載は、「試練の最前線」と題したシリーズで、225日付けの新聞に、当院の魚沼医療圏における役割・現状と、主に地域救命救急センターと当地域における感染対策について、「救急との両立に懸命」「感染拡大 未然防止が鍵」というタイトルで、その対応・取組が紹介されました。

 

新聞にも書かれているように、当院は感染症指定医療機関としての役割とともに、魚沼医療圏の高度医療・救急医療を担うという使命があります。また、当地域で新たなクラスターを発生させないということはきわめて重要です。

 

当院のすべての職員が、予想もしなかった大変な状況下においても、大きな負担の中でそれぞれの立場で頑張っており、その対応には素晴らしいものがあったと感謝しています。

そして、新型コロナウイルス感染症が、一刻でも早く収束することを願っています。

 

新潟日報ホームページ

https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20210225600837.html

 

PAGE TOP