ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

7月14日、15日 高血圧ガイドライン委員会 時に激論でも血圧は正常

海の日を利用した2日間、
日本高血圧学会・高血圧治療ガイドライン2014作成委員会がありました。

 

作成委員、査読委員、顧問の先生方など
90名余りのエキスパートが出席。
これまですべての原稿が委員会内で公開され、
たくさんの意見が集約されています。

 

私も都合4回、原稿を書き換えました。

 

作成委員はその原稿を土台に発表するのですが、
それでも激論がしばしば。
1日目は午前10時半から午後7時までびっしりと会議が続き、
お昼もたった15分。
もっとも、早食いが欠点の私には有り余る時間でしたが。

 

どう収まりがつくのかな、血圧が上がりそう、
と心配な場面もあったのですが、
委員長・島本和明先生(札幌医科大学学長)の名さばきと
皆さんのあくまでアカデミックな判断で、
誰も血圧が上がることなく盛会裏に終了。
さすが、高血圧学会!

 

魚沼基幹病院と地域医療教育センターでも、
熱くて冷静な症例検討会をしたいですね。

 

日本高血圧学会・高血圧治療ガイドライン2014作成委員会 様子

PAGE TOP