ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

6月28日 こどもとおとなのための医療センター記念式典 ラベンダーの花言葉 期待

こどもとおとなのための医療センターは、
国立病院機構新潟病院(柏崎)の新しい病棟。

 

開棟記念式典に出席してきました。

 

子どものさまざまな病気は、
大人になっても医療を必要とします。

 

病状は15歳や18歳で区切られるものではないのに、
小児科と内科で治療方針が異なる場合もしばしばです。

 

なかでも神経難病は、
リハビリをはじめとする長期にわたる医療や療育が必要ですが、
この新潟病院では、
以前から小児科、神経内科、さらに関係の診療科や部門が協力して、
総合的な医療体制を作っていると感心していました。

 

今回は、まさに「こどもとおとなのための医療センター」という
ソフト、ハードが一緒になった病棟の完成。

 

患者さん中心の医療がさらに展開すると期待しています。

 

新病棟は、各階に花の名前がつけられ、色も工夫されています。
日本海に浮かぶ佐渡もくっきりと見える6階はラベンダー、7階はライラック、
それぞれの花言葉は、
「期待」、「そして友情・思い出」。

 

1階アイリスの花言葉、
「うれしい便り、あなたを大切にします」
いいですねえ。

 

開棟記念式典 様子

こどもとおとなのための医療センター パンフレット

PAGE TOP