ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

9月20日 院内保育所「めごめご」健診 ネアンデルタール人は早く大人になろうとして滅んだ

7か月ぶりの再会。

お座りができなかった子どもが いまはよちよち歩き。

足取りがおぼつかなかった子どもが 小走りで駆け寄ってきて まとわりつきます。

 

素直に「子どもの成長ははやい」と喜ぶだけでいいのに ひねくれたタイトルで

ごめんなさいm(_ _)m。

 

確かに たった7か月で 乳児から幼児に。

びっくりします。

とはいえ 生まれてすぐに歩ける動物と違い 

人間の子どもは 長い間 大人に育ててもらう必要があります。

体が大きくなるだけでなく 教育を受け 

環境の変化に対応できる順応性や社会性も身につけます。

 

現代人とは別の人類のネアンデルタール人が滅んだのは 

多くの子孫を残すために

早く大人になろうと進化したためだそうです。

チップ・ウォルター「人類の進化700万年の物語」(青土社)

 

「めごめご」の子どもたちも 

自然、美味しい食べ物、

そして人情に恵まれた魚沼の地で 

みんなの愛情に支えられながら 

ゆっくりと大きく育ってもらいたいものです。

 

%e2%97%8bcimg0042

 

PAGE TOP