ブログ

ブログ院長室
ブログ院長室
前院長・内山聖のブログ。院長の目線から、院内外のできごとを綴ります。

5月13日 日本小児科学会地方会 和田雅樹先生 災害時小児周産期リエゾンについて発表

日本小児科学会新潟地方会にて

周産期母子医療センター・和田雅樹先生が

「災害時小児周産期リエゾン」について発表されました。

 

難しい題名ですが・・・

地震や津波などの大規模災害がおきると、

全国各地から直ちにディーマット(DMAT)と呼ばれる医療チームが駆けつけるのは、

テレビのニュースなどで見たたことがありますね。

 

「リエゾン」というのは、お互いに協力してやっていくこと。

大規模災害が起きたら、DMATと協力して

周産期センターに収容されている赤ちゃんたちも救う仕組みをつくリましょう

という発表です。

 

DMATは1チームおよそ5人ですが、

魚沼基幹病院には26人の隊員がいます。

 

起きてはならないことですが、

県内外の大規模災害の折には直ちに出動する準備が

常にできています。

 

 

PAGE TOP