ブログ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

高校生へ看護職を勧めてきました。

県の医師看護師確保事業の一環として
進路に悩んでいる高校生にメッセージを伝えてきました。

 

「医療職を目指して!」と
Drと一緒にまわって6校目。

 

参加者は、1&2年生。
やっぱり、就職活動と同じで、今は早いんだなあ・・・
私は、看護を目指すと決めたのは高校3年の秋。
クラスでも最後の3人のうちの1人。

 

進路担当の先生は
今から目指す方向を決め始めるよう話してほしい!
勉強の仕方を教えてやってほしい!・・・と。

 

どきっ!
勉強の仕方?
それは私には説明できないぞ…

 

一緒に行ったDrは、前回、
「寝る時間と食べる時間以外は勉強した」と話していました。。。
レベル違いすぎ!

 

「国・数・英」の基礎を頑張ってください。
そして、人を相手にする仕事です。
感性が大切ですので、いろんな経験をしてください!

 

生徒からの質問。
「辛かったことはなかったですか?」

 

私「亡くなられていく方を受け持ったときなど、その時は辛かったです
  が、それ以上のやりがいがありますよ!」

 

「辛」という字に「一」をたすと、一歩前にと言う意味で
「幸」になるのですよ、などなど。(以前にテルモの松村氏より)

 

終わった後の感想で
「看護師、目指すことに決めました。」
「いろいろな分野があるのがわかったので、看護師目指します」

 

少しは、看護職を目指してくれそう。
地道な活動ですが、これが大事。と再認識した一日でした。

 

高校生へ

PAGE TOP