ブログ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

一期一会・送別会・事務所解散会

この時期、恒例の送別会と共に、
一年間の開院準備事務所の解散会?
事務所は、患者さんのいない小さな病院でした。
ほぼ全職種がワンフロワーで一緒。
約40名、多職種連携はバッチリです。
仕事で一番大切なのは、顔を合わせてのコミュニケーションです。

 

とても貴重な体験。
忘れられない経験
大切な人生の一ページになったと多くスタッフが振り返りしました。

 

ワンフロワーなので、みんなの顔が見え、声が聞こえ、
疑問はすぐ解決しやすい!
時には、意見のぶつかり合いもあります。
これも、意味あるプロセス。

 

誰もが、一回は涙したかも?
助産師のHさんは、新病院を分娩に例えました。
今、子宮口全開。と!
分娩予定日は6月1日。でもかなり難産の気配。(座布団一枚!)
毎日、朝一番に天木組長の発声ののもと、
一日が始まりました。

 

今まで、技術職の我々は、患者さん中心に動き回って仕事してきました。
机に座っての仕事はみんな苦痛!でした。
とはいっても、新潟大学行ったり、県庁行ったりと移動はかなりありましたが。
時には、ボーっとしたり(瞑想、妄想、充電・・・)

 

でも、もう解散です。
ちょっと、さびしい!
病院をつくるってホントに難しいものです。
でもみんな必死でした。一人ひとりが助け合いました。

 

あと数日で、新たな一期一会。
気持ちを一つに。
目標は一つです!
「毎日顔を合わせる。仕事の同僚、夫婦、親子であっても
 言葉をまじわすその一瞬一瞬は一期一会。
 相手を思いやり出合えたことに感謝しなさい。(井伊直弼より)」
この気持ちを大切に。
肝に銘じていきたい。

 

送別会とともに-解散会

ばんざ~い、です。数人トイレ?

カウントダウン67日

看護部最終日 一部メンバーです。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

あっという間の1年間、魔法のメッセージ

先日、26年度採用スタッフの最後の集合研修
を行いました。

 

1年間みんな頑張った!

 

地域を知るため、
スキルアップのため、

 

各自、目的をもって再編関連病院等の7か所の病院へ勤務してきました。
みんなに感謝! 
大変な状況であったにもかかわらず
離脱者ゼロ

 

4月、最初の集合研修時に、
「一年後の自分へ」の手紙を書いてもらい
タイムカプセルにしまっておきました。
今回、担当師長さんたちからのメッセージとともに返却しました。

 

みんな、何を書いたか覚えていない。
「元気で充実していますか?」
「看護師続けていますか?」
「素敵な人はできましたか?」などなど
自分あての手紙を読んで
今までのいろんなことが走馬燈のようによみがえった人もいました。

 

私もジーンときました。

 

苦難を乗り越えた後のさわやかな涙。

 

同期の仲間、研修病院の皆様、準備室スタッフ、
出会った方々の支援のおかげ。

 

企画してきた私たちにとっても、とても濃い一年!
コーヒーに例えるとアメリカンではなく「エスプレッソ」??かな? 

 

そして、ワールドカフェ研修の一コマ紹介!

 

そして、いよいよ迫ってきている開院!
みんな、ラストスパート!

 

いろんな意見がでました

5つのテーマで話し合った一コマ。

一年間頑張りました

自分への手紙と共に、師長さんからのメッセージ!

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

PPKとNNK

健康・長寿の里の佐久に
「ぴんころ地蔵」があります。

 

PPKは、亡くなる直前まで元気でいて大往生の、ピンピンコロリ。
NNKは、不幸にしてねたきりになるネンネンコロリ。

 

地域医療の先進地域の佐久。
人情も厚く、自然も豊かで、美味しいものもたくさんある。

 

この、魚沼圏域も似ている。
信州佐久に追いつけ、追い越せ。
聞くとこに寄ると、長野県は長寿日本一。
「自分たちの健康は自分たちで守る」をモットーに生きてる
方々が多いらしい。

 

この、魚沼にも「ぴんころ地蔵」
あるといいなあ。

 

86歳の母にぴんころクッキーを
お土産に渡したら、
「早く大往生するわね!」といわれ
ちょっとまずかったかなあ…(笑)

 

ぴんころ1

ぴんころ2

味はおいしかったです。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

江戸時代にできたらしい桃の節句

ひな祭りは、なぜ「桃の節句」だろうと思って
調べてみました。

 

起源は古来中国の上巳(じょうし)節が関連しているようです。
上巳とは、3月上旬の巳の日という意味らしいです。

 

中国では、この時期に桃の花を飾り、
桃の花を漬けたお酒を飲み、
桃の葉が入ったお風呂に入っていたそうです。
桃の花には、「魔除け」や「長寿」のパワーがあると
言われているらしいです。

 

日本においても桃は魔除けの木とされていて、
葉は皮膚疾患にも効くと言われ、
あせもやただれを治すのに桃の葉を浮かべた
お湯に浸かっていたそうです。

 

江戸時代に幕府が3月3日を「桃の節句」と定めたそうです

 

浦佐では、同じく江戸時代からの「裸押合大祭」が行われます。
不思議な関係です。

 

我が家では
「雛ケーキ」で祝いました。ケーキを紹介しますね。

 

食べるのがもったいない

初節句でお祝いです。

 

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

今年初のガイダンス参加

今年初のガイダンスに参加してきました。
場所は、新潟県立看護大学。

 

昨年のこの時期は、
魚沼基幹病院は、まだ建物が完成していないせいか、
ほとんど知られていなく
あまり、興味を持って聞いてくださる人が少なかったけれど、

 

今年度は、建物が「どーん」とたっているので
認知度は上がってきている。

 

当院のブースにおいでいただいた方の数も
昨年よりアップです。

 

いよいよ、開院が間近にせまってきました。
向上心・チャレンジ精神があれば、
みんなで、やっていけるはず!

 

1+1=3以上にしていきたい。

 

縦の糸は、各職種。
横の糸は、看護部。

 

一本一本、太く、強い糸で大きな布をつくる
仲間になってほしいですね。

 

トッキッキも参戦し、応援してくれました。

 

ガイダンスにトッキッキ登場

トッキッキも参戦。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

昔話シリーズ その6 未熟児室勤務の時代・・・

30年も前の話です。
未熟児室に異動して、初めての準夜勤。

 

900gのベビーが呼吸器装着になりました。
私は、不安と緊張がMAX!

 

8時間、いや約10時間たちっぱなしの上、
トイレに一回、行ったのみ。
ウロウロと何をしているやら・・・の状況。
忘れられない夜勤でした。

 

主治医のF先生が、あまりの私の様子をみて、
不安になったのでしょう。
帰らず、当直してくれたのです。感謝でしたね。

 

いよいよ、魚沼医療圏に周産期医療が始まります。

 

いろいろと業務構築に取り組んでいますが、
取り組みながらいつも思うのは、
ホント、医療の進歩には驚きです。

 

そして、30年前のような一人での不安な看護はなしです。
パートナーシップナーシングシステムを導入し、
補完し合って温かい看護ができるようにしていきます。

 

写真は、未熟児室に少しは慣れてきた頃の一枚。
誰が撮ったのかなあ・・・

 

こんな頃もありました。

こんな頃もありました。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

オラフの仲間、発見。

「♪ありのままの~」のフレーズをあちこちで聴きますね。

 

『アナと雪の女王』のテーマは、何だろうと思い調べました。

 

ありのままの自分を受け入れ、
自分らしい自分となって自分の力を活用することです。
と解説ありました。

 

この歌詞にあるように、ありのままで、
「これでいいの」と自分の価値を信じます。
この気持ちが土台。

 

自分を好きになる人が、自分の能力を発揮でき、
人にも優しくできます。
オラフのように。

 

オラフは「自分よりも相手を思う心」持ち合わせているようです。

 

我が家の近所のひろみちゃんが、作成した雪だるまですが、
ちょっと、オラフに似ています。

 

開院準備が佳境を迎えている今、
オラフがほしいですね。

 

鼻がにんじんでないけれど

オラフが登場しないかなあ。

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

今年の漢字は「継」

無事、新しい年を迎えることができました。
毎年考えていた「今年の漢字」。
今年は「継」です。

 

魚沼医療再編の使命である「引き継ぐ」「継続する」「つなぐ」
という思いがあります。

 

箱根駅伝をみていて、ますますそう思いました。
魚沼医療再編プロジェクトも駅伝に例えて話したことも
あるのですが、改めて実感しました。
それぞれが役割を果たし、バトンをつなぐ!
うまくつないでいきたいです。

 

優勝した青学のように、
「ワクワク大作戦」をまねて
チームワークをアップしていく必要があります。
楽しくできれば、底力が生まれるかも。

 

そして、ひつじ年。
干支の特徴は「穏やかで人情に厚い」されているようです。

 

ひつじ年生まれの魚沼基幹病院です。
人情に厚く地域に温かな病院になるよう、
洋々と穏やかな気持ちを忘れず頑張っていきたいと思います。

 

近くに羊がいないので山羊で…

 

羊でないですが

のんびり穏やかに…

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

悔いが残らないように

あと数日で今年も終わり。
ホントに師走は早い。
気持ちはあせる。進んでいる感がない。
平成27年はどんな一年になるのでしょう。
きっと私の歴史に残る一年。
今までにない一年が始まる。

 

誰もが経験したことない一年。
大変、と思わず「大きく変わる」と考えて、
新しい仲間と乗り切っていきましょう。

 

悔いが残らないように!

 

実家から近くの海に行ったときのこと。
海に「クイ」が残っていました。(笑)

 

クイ

基幹病院ブログ~こんにちは、基幹病院広報です~
魚沼基幹病院広報がお届けする日々のできごと

事務所はいま、ミニ病院

案内1

 

案内2

 

 

院内表示(サイン)を検討中。
事務所には、サインのデモがあちこちにあります。
見やすく、わかりやすいものにしたいなと思います。

 

また、浦佐には国際大学があるためか、
外国人の方々をよくみかけます。
サインには英語が併記されますが、
でもサインだけではなかなか解決しないかも…
やっぱり、コミュニケーション力を高めないと!

PAGE TOP