緩和ケア

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(特定非営利活動法人日本緩和医療学会による『市民に向けた緩和ケアの説明文』)とされています。

さらにわかりやすく一言でいうと「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)となります。

がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。

 

 

緩和ケアチーム

当院では、患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、主治医や担当スタッフと緩和ケアチームが協力し、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。

チームの回診や緩和ケア外来の受診をご希望される場合は、お気軽にご相談ください。

 

 

緩和ケアチームのスタッフ

医師(身体症状の緩和及び精神症状の緩和に携わる専門的な知識及び技能を有する医師、病理診断に携わる医師)、看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、臨床検査技師、放射線技師、管理栄養士、臨床心理士、ソーシャルワーカー、事務職員が一つのチームとなり、様々な視点から苦痛の緩和について検討しています。

 

 

利用方法

入院中の方

担当医もしくは看護師ほか病院職員にご相談ください。

 

緩和ケア外来

緩和ケア外来での診療をご希望の方は、主治医、看護師にご相談ください。

緩和ケア外来は、完全予約制です。

※当面の間、当院通院中の方のみの受診とさせていただいております。

 

 

依頼件数

  • 平成31年度:59件

 

外部リンク