院内がん登録

院内がん登録

2016年に施行された「がん登録等の推進に関する法律」に基づき、全国の医療機関は、がんと診断された人のデータを都道府県知事に届け出ることが義務化されており当院でも実施しております。

登録した情報は、当院におけるがん診療の実態把握やがん診療の質の向上と患者さんへの支援に利用するほか、国立がん研究センターがん対策情報センターへ提出し、全国統計としても活用されます。

 

登録した情報は以下の目的で利用します。

  • がん患者さんの受療状況の把握
  • 診療活動の支援、研修、教育のための資料
  • がんに関する医療活動の評価(統計)のための資料
  • 地域がん登録への情報提供
  • 国立がんセンターがん対策情報センターへの登録情報、生存確認情報の提供

 

院内がん登録統計

2016年1月1日以降に、当院でがんと診断された症例及び他施設で診断後、当院を受診した症例すべてが対象です。

原発部位(臓器)別及び男女別、1腫瘍につき1件として集計しています。

 

がん登録データの一覧表

統計対象期間(各年1月1日~12月31日)

 

予後調査へのご協力のお願い

院内がん登録では、がん診療を評価する指針として用いられる生存率の算定のために、登録させていただいたがん患者さんの生存確認調査を定期的に行い、必要な予後情報(がん診断後の経過等)を収集することが必須となっています。

院内において予後情報が把握できなかった場合は、国立がん研究センターの「予後調査支援事業」により住民票照会が実施されることがあります。患者さんにおかれましては、がん登録の趣旨をご理解の上、ご協力くださるようお願い申し上げます。

 

 

個人情報の取扱いについて

がん登録の情報については、その必要性から個人情報保護法の適応除外に該当するとされており、患者さん本人の同意を得ずに登録が行われていますが、登録した情報は、「がん登録の推進に関する法律」、「個人情報保護法」を遵守し、患者さんの個人情報保護に細心の注意を払って取扱っております。

 

なお、当院が保有する個人情報の利用につきましては、特段のお申し出のないものについては、同意をいただいたものとして取扱わせていただきます。同意をいただけない場合は、その旨を当院経営企画課医事係へお申し出ください。ご理解、ご協力をよろしくお願い致します。