がん相談支援センター

がん相談支援センターとは

診断から治療、療養生活全般にわたって、がんに関するさまざまなご相談をお受けしています。不安な時、困った時は「がん相談支援センター」をご利用ください。

相談支援内容としては、療養生活や治療に伴う不安に対する支援や医療費、生活費、社会福祉制度に関する相談、がんの治療・ホスピス・緩和ケア・在宅医療に対する相談などから、がんによるつらい気持ちに対する心理的サポート、担当医と患者さんとの間の円滑なコミュニケーションの支援など、あなたの気持ちに寄り添い、一緒に考えます。担当医に代わって診断や治療方針を判断することはありません。

 

不安を一人で抱えていませんか? 悩み事はありませんか?

がん相談支援センターで、お話ししてみませんか?専門の研修を受けた看護師や医療ソーシャルワーカーが、一人ひとりの「こうしたい」を実現できるよう、あなたと一緒に考えていきます。

 

イメージ

 

 

ご利用できる方

患者さんやご家族の他、地域の方々など、どなたでも無料でご利用いただけます。

たとえば、こんな時にご利用ください

  • がんといわれたがとにかく不安で・・・
  • 家族は何かできることはありますか
  • 仕事を続けられるか不安です
  • 食事は何か制限がありますか
  • 旅行には行けるの?
  • 医療費の支払いが不安です
  • 生活を支援してくれるサービスを知りたい
  • どうやって治療を決めればいいですか
  • 担当医とどう話せばいいかわからない

 

ご相談は以下の方法で対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。

受付時間:平日 9:00~16:00

受付場所:1階17番 患者サポートセンター・がん相談支援センター 窓口

相談方法(相談料:無料)

  • 対面相談(1回のご相談は30分を目安としています。当日の受付でも相談は可能ですが、予約を優先とする為、お待たせすることがあります)
  • 電話相談(電話番号:025-788-0196(直通))
    相談内容は、他者に知られることはありません。また、匿名でのご相談も可能です。

受付場所

 

 

スタッフ

国立がん研究センターがん対策情報センターの研修を修了した専任のスタッフが対応します。

  • 看護師   1名
  • 社会福祉士 1名

 

また、ご相談の内容に応じて、医師、看護師、認定看護師、薬剤師、栄養士、心理士など、関係職種と連携して患者さんをご支援いたします。

 

 

連携医療機関

連携医療機関マップ