ブログ

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

病棟全体で新人看護師を育てる風土作り 西7病棟

みなさんこんにちは  西7階病棟です。

西7階病棟は、脳神経外科、呼吸器内科・外科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、総合診療科の混合病棟です。病棟には、医師、看護師だけではなく、看護補助者、フロアアシスタント、病棟担当の薬剤師、理学療法士、ソーシャルワーカー、栄養士がいます。患者さんが安心して治療がうけられ、療養できるよう、日々、多職種連携に力を入れています。

 効果的な連携をとるためには、コミュニケーションは重要です。なんでも相談し合える関係作りのためにスタッフの名前・写真・今年の目標をつけた“壁新聞“を掲示しています。

 

 

 

 そんな病棟に、今年も新人さんが配属されました。病棟にとって新人さんは、大切な仲間です。処置や検査など日々新しいことを経験し、学ぶことが多く大変なこともあるかもしれませんが、全員でしっかり育てたいと思っています。すくすく育って自分の思い描く看護師になってほしいです。

今回は、新人教育の要である、クリニカルコーチ(CC)の奮闘をお知らせします。

 

はじめまして  西7階病棟 CC2年目の山口です。

 病棟全体で新人看護師を育てる風土作りの一環として、昨年度より『西7CC(クリニカルコーチ)通信』を発行しています。卒後1年目の現状や、月別の振り返りシートで明らかになった目標、卒後2年目の年間研修の経過、サポーター・タスクの現状などをまとめて発信し、病棟全体で情報共有できるようにしています。

 新人看護師からは、「自分の目標に合わせて先輩から声をかけてもらった。日々の看護技術を行うときにフォローしてもらえた。」という声が聞かれています。先輩看護師からも、「他チームの新人看護師の様子や看護技術の習得状況など全体の進捗状況がわかりやすい。」との意見が聞かれています。『CC通信』が、病棟全体での情報共有に役立ち、病棟全体で新人看護師を育てることにつながっていると感じています。

 みんなの目に留まるような内容・デザインに苦慮することもありますが、今年度は10部発行することを目標に頑張っています。

 

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

こんにちは ♡西4女性専門病棟♡です。

西4病棟は、産婦人科、乳腺外科の混合病棟で、主に分娩・産婦人科・乳腺外科の女性患者さんの看護を行っています。看護スタッフも全員女性のいわば女性ばかりの病棟となります。

 

魚沼初の地域母子周産期センターとして、平成27年6月に開院してから4年が経過し、その間約2900名の新生児が誕生しています。

この記事の写真にもあるように、西4病棟の分娩エリアとNICUは扉1枚でつながっており、必要時はすぐに小児科医が対応できる構造で、新生児の安全を配慮した造りになっています。またNICUのスタッフと日々情報を共有しながら母児の看護にあたっています。

生まれて間もない抵抗力の弱い赤ちゃんを感染から守るため、病棟では15歳未満の方のご面会を遠慮いただいております。ご理解、ご協力お願いします。

当病棟では、「自分なら、自分の家族なら、どんな看護を受けたいかを常に考え看護を提供します」という病棟方針のもと、患者さん自身が自分らしく生活できるよう共に考え、あたたかい看護の提供を心掛けています。

そして、分娩という新しい家族を迎える大切な瞬間が、安全で幸せな時間となるようお手伝いをさせていただいています。ぜひ、一人でも多くの方のその幸せな時間に立ち会わせていただければ幸いです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

5月の新人看護師研修

新人教育担当の樋口です。5月の新人看護師研修の様子をお伝えします。

 

5月8日は、「静脈注射」「輸液ポンプ・シリンジポンプ」研修です。

仕事をはじめて約1か月経ちました。集合研修は1か月ぶりで新人さん達は緊張しているかな?と思っていたのですが、表情も良く元気ハツラツで、ひと安心しました。

最初に臨床工学技士・感染管理認定看護師・テルモ株式会社の方からの講義を受けた後、実技演習を行いました。

実際の器材を使用することで、臨床をより実感出来たのではないでしょうか?

   

 

5月15日は「BLS(一時救命処置)研修」です。

もしも患者さんが急変したらどうしよう・・・新人看護師ならだれでも感じるところだと思います。その時、迅速な対応が行えるようBLS(一次救命処置)の研修を行いました。講師はうれしいことに当院救命センター長の山口征吾医師です。その後、BLSインストラクター4名が実技指導をしてくれました。バックバルブマスクの組み立てから換気方法・胸骨圧迫・AEDの取り扱いを学びました。新人さん達は、真剣な表情で汗を流しながら、腕の疲れも感じずに取り組んでいました。満足度の高い研修だったようです。

 

5月24日は「夜勤導入シミュレーション」です。

各部署での看護技術に関する経験も増え、いよいよ夜勤開始の時期となりました。

学生の時には経験することのない夜間の勤務は新人さん達の不安要素の一つです。

そのため、毎年この時期に、「夜勤導入シミュレーション研修」を行っています。

研修の時間想定は夜中の0時です。実際に夜中の暗さを体験できるよう病室を暗くしての研修です。私も患者さん役で出演しました。

3人から4人のグループで1人ずつシミュレーションを行い、ライトの当て方や観察方法等を話し合い、それぞれの患者さんの状況に応じた巡視方法を自分たちで考え実践していました。

入職して2か月の新人さん達。積極的に意見を出し合う姿を見て、知識・技術はもちろん、チームワークも日に日にレベルアップしているなと嬉しく思いました。

新人の皆さん、

夜勤導入への自信につながったでしょうか?これから各現場で夜勤のシャドーが始まりますね。体調を整え臨んでくださいね。

 

 

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

魚沼看護教育ネットワーク研修開催

5月22日(水)に当院の東7階にある「魚沼共育トレーニングセンター」にて、第2回となる魚沼看護教育ネットワーク研修を開催しました。

今回は魚沼圏域の5つの病院から参加していただき、新卒~卒2の看護師、13名の参加がありました。

 

午前中は、基礎看護技術研修を行いました。内容としては、「採血・静脈注射」「吸引」「導尿・フォーレ挿入」「経管栄養」の4つのブースで行いました。シミュレーターを使用し、物品は使い慣れている自施設のものを持ち込み、指導はそれぞれの病院の教育担当者が行うといった場所はアウェイだけど、アットホームな雰囲気の中での研修になりました。

 

シミュレーターなので、思い切り練習できたのではないでしょうか。受講生の声からも「滅多に経験できない技術を学べた」「現実的なイメージができた」「病院だと実技の練習ができないため、実技の演習ができたことは有意義だった」など良かったという意見を沢山いただきました。

午後の研修では、当院の救命センター看護師の本田康裕さんを講師に、「呼吸・循環・意識 フィジカルアセスメント」というテーマで行いました。

フィジカルアセスメントを実際に役立ててもらえるように、お互いで聴取し合ったり、シミュレーターで様々な呼吸音を聴いてもらいました。また、グループワークを行い、他病院のスタッフともディスカッションしてもらうことができました。

昨年から、魚沼圏域内の病院で「共に学ぶ」というビジョンでの活動をしています。

これからも、教育担当者の顔が見える関係を築きかなら、この研修会を継続していきたいと思っています。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

NICUを紹介します

 当院はNICU(新生児集中治療室)6床・GCU(発育治療室)6床からなる魚沼圏において唯一のNICUとして、基幹病院開院とともにスタートし今年で5年目を迎えます。

 

 人工呼吸器を装着した赤ちゃんや、点滴をしながら保育器に入っている赤ちゃんに安全で質の高い看護を提供するために、NICU学習会や各種研修会への参加、NCPR(新生児蘇生法)の取得を目指し自己研鑚に励んでいます。またPNS看護体制をとり日々看護師がペアでケアを行っています。

 日々の看護で私たちが特に大切にしていることは、「ファミリーセンタードケア」です。「ファミリーセンタードケア」とは、常に赤ちゃんとご家族を中心とし、ご家族も赤ちゃんのケアに参加できるよう支援することです。具体的には、両親は24時間面会をすることができ、看護師がお手伝いしながらカンガルーケアや沐浴・おむつ交換・直接授乳などを行っています。両親以外では、赤ちゃんからみてきょうだい・祖父母・曾祖父母・15歳以上のおじ・おばの面会が可能です。特にきょうだい面会では、感染症にかかる機会の多い子供たちは面会できない施設が多い現状ですが、当院では赤ちゃんがご家族と一緒に過ごせることが“当たり前のこと”と考えきょうだい面会を進めています。

 また育児練習や退院後の生活がイメージできるよう、赤ちゃんとご家族が一緒にゆっくり過ごすためのファミリールームも備えています。(赤ちゃんと両親が一緒にお泊りすることも可能です)

 

「ファミリールーム」

 

 私たちは、これからも赤ちゃんとご家族に寄り添った優しいNICUを目指していきたいと思います。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

看護記録改善に取組んでいます!

看護部長の今井です。

看護部では今年度看護記録の改善に取り組んでいます。

日本看護業務研究会に入っていただき、前田さんと村木さんに指導をしていただいています。

日々看護記録に多くの時間が費やされていますが、せっかく立案した看護計画が実際の場面で生かされていないことが多いようでした。

看護記録の質の改善と、効率を良くし看護記録に関わる時間を短縮したいと考えています。

記録委員会のメンバーが中心となって課題達成に向け頑張っています。

4月20日も集めた資料を基にたくさん検討を行いました。

一年後の成果を楽しみにしています。ファイト!

 

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

西6病棟は平成31年4月からスタートしました!!

整形外科をはじめとする様々な診療科の混合病棟です。それぞれの病棟からスタッフが集まり本格始動に向け、力を合わせて準備をしました!

西6病棟でもPNS制度を導入しており、お互いの持ち味を活かしスタッフ同士協力しながら患者さんのニーズに合った看護を提供します。入院中から患者さんやご家族様が安心して退院後の生活が送れるように援助していきます。

 

まだ、スタートしたばかりですが日々思いやりを持ち、明るく元気よくチームワークのいい病棟を作っていきます!!

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

新人看護職員研修

こんにちは。新人教育担当の樋口です。

 

4月8日から11日まで、新人看護職員研修を当院の「魚沼共有トレーニングセンター」で実施しました。

 

研修は、バイタルサイン・薬の知識・酸素吸入・吸引・移乗移送・経管栄養・心電図モニター・12誘導心電図・採血・筋肉注射・インスリン注射・血糖測定など15項目です。

 

十二誘導心電図の装着・吸引・胃管挿入・筋肉注射などは、シミュレーターを用いて、採血・血糖測定・おむつ交換などは、新人同士で交互に患者さん・看護師役になり実習しました。

 

採血は、予想通り(?)緊張している様子でしたが、クリニカルコーチが新人さんのペースに合わせ、丁寧に説明、アドバイスをしていました。(その結果、全員無事成功!)

 

講師陣は、教育委員のクリニカルコーチのほか、認定看護師(皮膚排泄ケア・感染管理)や糖尿病療養指導士・理学療法士・臨床工学技士・薬剤師等々・・看護部だけでなく、医療チームで新人研修をバックアップしています。

 

グループワークでは、笑い声も聞かれる和やかな雰囲気で積極的な意見交換が出来ていました。4月1日に初めて会った22名の新人さん達。この4日間の研修で連帯感が芽生えたようでした。

新人の皆さん

 4日間の研修が終わり、いよいよ12日から配属の病棟へ出勤ですね。

がんばれ22人の新人さん。

5月の研修で、全員元気に集合できる日を楽しみにしています。

 

教育委員の皆さん

何日も前からの企画・資料作成・会場準備・当日の運営・講師・まで一人何役もしてくれた8名の教育委員クリニカルコーチの皆さん本当にお疲れ様でした!

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

ようこそ魚沼基幹病院へ 新人研修開始

はじめまして。新人教育担当の樋口です。

 

22名の新人看護職員を迎え、新年度をスタートしました。

 

5日間のオリエンテーションが終了し、4月8日から、基礎看護技術研修が始まりました。

この研修は、講義・実技・グループワークで学びを深めてもらいます。

 

4月8日の初日は、「バイタルサイン」「薬の知識」「酸素吸入・吸引」についての研修でした。

新人の皆さんは、講義のときは緊張しているかな?と心配でしたが、グループごとの実技に入ると、ファシリテーターのもと和やかな雰囲気で進んでいきました。

 

新米師長の私も新人の皆さんの前向きさ・若さにエネルギーをもらいながら、一年間ともに成長していきたいと思います。

アバター
看護部ブログ
看護部職員の様子をお伝えします。

サポーター研修開始です

教育委員 霜垣です。

 

春の訪れかと思いきやまさかの雪、さぞかし新採用の皆さんは驚かれたことでしょう。

いよいよ平成31年度がスタートしました。われわれ教育委員会における研修が早速始まりましたので紹介します。

 

4月2日久しぶりに雪がたくさん降った日に「第1回サポーター研修」が行われました。

   

当院教育体制におけるサポーターの役割は精神面でのサポートになります。話しやすい存在として年齢の近い3年目から7年目の看護師をサポーターとして位置付けています。

入職し2年目が終わりいよいよ自分達も人材育成をする立場にいるのだという意識が高まる時期です。そろっと自分の番かなと思うスタッフもいる事でしょう。

研修目標は①当院の教育体制と新人教育計画が理解できる

     ②新人看護師の精神的サポートへの関わり方の手法が理解できる

     ③自己の役割を理解し、目標と具体的計画が立案でき、指導者と共有できる

になります。

今年度も教育コーディネーターの酒井先生より「サポーターの役割」「コミュニケーションスキル」の講義をいただきその後、グループワークにて具体的に目標設定できるよう意見交換を行いました。

 

新人さん達が1日も早く職場になじめる様、話しやすい環境つくりと積極的にコミュニケーションを図ってもらえたらと思います。皆さん一緒に育成していきましょう。