救命救急・外傷センター

診察日なし

救急外来ERで重症者の対応とACU(Acute Care Unit)で入院患者の集中治療をしています。365日24時間対応すべく当院全医師の協力のもと奮闘しています。近未来の救命センター像を理想に掲げ、救命率の向上を目標にしています。

 

疾患名 内容
重傷外傷 緊急手術や経皮的動脈塞栓術など、様々な治療戦略で対応します。
急性薬物中毒 農薬から家庭用製品まで、あらゆる中毒に対応します。
急性内因性疾患 各臓器専門医と協力しながら、最善の治療をおこないます。
重症敗血症 全身状態の管理と適切な抗生剤治療、必要に応じてドレナージなどをおこないます。
重症熱傷 適切な全身管理をおこない、各科とも連携し治療にあたります。

 

山口 征吾

地域救命救急センター長

大橋 さとみ

新潟大学地域医療教育センター 准教授(救急科) 救急科部長

関口 博史

救急科部長

論文などの情報はありません。