救命救急・外傷センター

診察日なし

救急外来ERで重症者の対応とACU(Acute Care Unit)で入院患者の集中治療をしています。365日24時間対応すべく当院全医師の協力のもと奮闘しています。近未来の救命センター像を理想に掲げ、救命率の向上を目標にしています。

 

疾患名 内容
重傷外傷 緊急手術や経皮的動脈塞栓術など、様々な治療戦略で対応します。
急性薬物中毒 農薬から家庭用製品まで、あらゆる中毒に対応します。
急性内因性疾患 各臓器専門医と協力しながら、最善の治療をおこないます。
重症敗血症 全身状態の管理と適切な抗生剤治療、必要に応じてドレナージなどをおこないます。
重症熱傷

適切な全身管理をおこない、各科とも連携し治療にあたります。

 

実績 令和元年度 令和2年度
救急外来患者数(人)

9,213

6,909

救急車受入患者数(人) 2,638 2,392
三次救急相当の受入患者数(人) 786 544
ドクターヘリ受入件数(機) 68 40
救急車受入応需率(%) 96 98

 

山口 征吾

地域救命救急センター長

大橋 さとみ

新潟大学地域医療教育センター 特任准教授 救急科部長

令和元年度(2019.4~2020.3)

 

著書など

 

山口征吾.

臓器提供推進活動 -わが国ではどうして臓器提供が少ないのか. 

腎と透析 腎移植の現況と残された課題, 113-119頁, 東京医学社, 2019.

 

山口征吾.

ERデザイン魚沼基幹病院.

救急医学 臨時増刊号 ERデザイン, 1446-1449頁, へるす出版, 2019.

 

学会・研究会・講演会

 

山口征吾.

それでいいの?救急外来.

TMM講習会(講演)                            

(魚沼市, 2019年9月28日)

 

※過去の研究業績集はこちら

Annals of UKB(業績集)

PAGE TOP