血液内科

ドクター 時間
関 義信 午前      
根本 洋樹 午前      

※受診には予約が必要です

 

血液に関する広範な疾患・病態を診療します。血液疾患は目に見えない病気、入院患者は悪性疾患がかなりの割合を占めているため一般的には患者さんにとっては理解しにくいイメージがあると思います。症状をわかりやすく説明し、病状にあった最善の治療を快適に受けて頂けるようにスタッフ一同は心がけております。

 

疾患名 内容
各種貧血 鉄欠乏性貧血以外にもたくさんの貧血病態があります。
白血病 急性骨髄性・リンパ性、慢性骨髄性・リンパ性と病態は多種多様です。最近は高齢化に伴い、骨髄異形成症候群も増えてきました。
悪性リンパ腫 リンパ球が腫瘍化したものです。新薬の登場で格段に治療成績が向上しました。
多発性骨髄腫 成熟リンパ球(形質細胞)が腫瘍化したものです。こちらも新薬の登場で格段に治療成績が向上しました。
各種血小板減少症 自己免疫性血小板減少性紫斑病が代表的ですが、
血友病など凝固因子異常症 血液(血友病)専門医による個人個人にあった治療が必要です。
HIV感染症、その他  

 

関 義信

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 診療部長(血液内科) 腫瘍センター通院治療室長

根本 洋樹

血液内科医長

令和2年度(2020.4~2021.3)

 

論文(原著)

 

Wada H, Honda G, Kawano N, Uchiyama T, Kawasugi K, Madoiwa S, Takezako N, Suzuki K, Seki Y, Ikezoe T,

Iba T, Okamoto K.

Severe Antithrombin Deficiency May be Associated With a High Risk of Pathological Progression of DIC With Suppressed Fibrinolysis.

Clin Appl Thromb Hemost 26: 1-9, 2020.

 

関義信.

日本での公費負担制度取得に苦慮したHIV垂直感染の1留学生症例.

日本エイズ学会誌 22(1): 42-45, 2020.(補遺)

 

論文(総説)

 

関義信.

がん診療における血球減少に対する漢方治療.

漢方と最新治療 29(2): 81-86, 2020.

 

関義信.

後天性血友病Aの診断・治療とその問題点.

日本内科学会雑誌 109(7): 1370-1377, 2020.

 

論文(症例報告)

 

Uemura S, Kobayashi H, Seki Y, Okoshi Y, Sone H, Nomoto N.

Successful treatment with edoxaban for disseminated intravascular coagulation in a case of aortic dissection complicated with immune thrombocytopenic purpura.

Intern Med DOI: 10.2169/internalmedicine.4255-19, 2020.

 

Seki Y, Nagano O, Koda R, Morita S, Hasegawa G.

Pathological findings suggesting vascular endothelial damage in multiple organs in chronic myelogenous leukemia patients on long-term tyrosine kinase inhibitor therapy.

Int J Hematol 112(4): 584-591, 2020.

 

著書など

 

関義信.

がん診療における漢方治療の目的.

JASCC がんサポーティブケアのための漢方活用ガイド,12-16頁,南山堂,2020.

 

関義信.

味覚障害.

JASCC がんサポーティブケアのための漢方活用ガイド,71-76頁,南山堂,2020.

 

関義信.

血球減少.

JASCC がんサポーティブケアのための漢方活用ガイド,113-118頁,南山堂,2020.

 

関義信.

十全大補湯.

JASCC がんサポーティブケアのための漢方活用ガイド,126-134頁,南山堂,2020.

 

学会・研究会・講演会

 

Seki Y, Nagano O.

A long term survival chronic DIC with ITP treated with low dose steroid.

ISTH2020(ポスター)                                                                             

(Milano, Italy,2020年7月12日~14日)

 

関義信長野央希.

ITPを合併し少量ステロイドで長期生存している慢性DIC症例.

第42回日本血栓止血学会学術総会(口演)                                                                

(大阪,2020年6月18日~20日)

 

関義信.

今さら聞けない後天性血友病Aの診断・検査・治療.

武田薬品Web全国講演会(講演)                                                                                                 (Web,2020年8月6日)

 

Seki Y, Nagano O, Kaihatsu A.

Long remission of ascites and thrombocytopenia of a TAFRO syndrome after rituximab and eltrombopag.

第82回日本血液学会学術集会(ポスター)                                                      

(Web,2020年10月10日~11月8日)

 

関義信.

血友病診療連携の現状と課題.

上越血友病研究会(講演)                                                                                                     

(上越市,2020年10月22日)

 

関義信.

DIC/TMA.

第8回日本血栓止血学会教育セミナー(講演)                

(Web,2020年11月7日~8日)

 

関義信.

悪性腫瘍に対峙する際のDIC.

群馬血栓止血研究会(講演)                                                                                                        (Web,2020年11月12日)

 

関義信.

ITP治療の現状とピットフォールのご紹介.

ノバルティスWeb全国講演会(講演)                                                                                    

(Web,2020年12月21日)

 

関義信.

医療の谷間にマルクをするお医者さんがやってきた.

自治医科大学新潟県人会奨励賞受賞講演(講演)                                                                      

(Web,2021年1月9日)

 

関義信.

血液搬送装置ATRを活用したへき地・離島を含む広域ブラッドローテーションにより、新潟県での血液製剤有効利用を図る研究.

厚生労働省令和2年度 第1回適正使用調査会(講演)                                                          

(Web,2021年1月22日)

 

関義信.

血友病の診断と治療について是非抑えておきたいこと.

血液疾患セミナー in 甲信越(講演)                                                                                            (Web,2021年2月8日)

 

関義信.

血友病診療の最近の話題と血友病B個別化治療におけるアルブミン融合製剤の有用性.

血友病全国講演会(講演)                                                                                                               (Web,2021年3月4日)

 

研究費(その他)

 

関義信:厚生労働省 血液製剤使用適正化方策調査研究事業 2020~2021年度

血液搬送装置ATRを活用したへき地・離島を含む広域ブラッドローテーションにより、新潟県での血液製剤有効利用を図る研究

 

受賞

 

関義信:奨励賞金賞

医療の谷間にマルクをするお医者さんがやってきた.       

(2021自治医科大学新潟県人会,2021年1月)

 

※過去の研究業績集はこちら

Annals of UKB(業績集)

 

 

 

PAGE TOP