腎臓内科

ドクター 時間
飯野 則昭 午前      
甲田 亮        
吉澤 優太        
大学医師        

火曜日 膠原病大学医師(再来のみ) 月・金曜日 膠原病新患

腎臓内科では、血尿・蛋白尿といった尿の異常から発見される慢性腎炎に対する医療、末期腎不全となり腎代替療法(血液透析、腹膜透析、移植に向けた準備)が必要になった場合の医療など腎疾患全般にわたる診療を行っています。

多くの腎疾患は自覚症状に乏しく、慢性に経過するため、病院に来たとき既に腎機能が低下していることも稀ではありません。腎疾患は生活そのものが治療と密接に関係するため、医師だけでなく看護師、薬剤師、管理栄養士など多職種のスタッフが連携し、お互いの得意な面から診療を支え合えるような体制を目指しています。

当科は腎疾患診療における地域の基幹病院として、地域との連絡を密に取り、よりよい医療が提供できるように努力を続けたいと思います。

 

疾患名 内容
慢性腎炎 血尿・蛋白尿などの尿異常から発見される病気です。発症直後は自覚症状は無く、自発的に検診などを受けないと発見される機会を逃してしまう可能性があります。通常、腎生検という検査を行い診断を確定させた後に治療を行います。腎生検のために、約1週間の入院が必要となり、その後の治療内容により入院期間が決まります。
ネフローゼ症候群 急激に全身の浮腫が生じ、尿検査で大量の蛋白尿を認める疾患です。入院の上、腎生検で確定診断後に、免疫抑制薬(ステロイドなど)で治療を行います。入院期間は4−8週程度必要な場合が多いです。
慢性腎不全 何らかの原因で時間をかけて腎機能が低下した状態の総称です。腎臓の本来の役割である、水分調整、電解質維持、ホルモン臓器としての機能が障害されます。病態に応じて、症状を取り除く治療が行われます。薬物などで、機能の代替が困難になった場合、腎代替療法が必要になります。当院ではライフスタイルに合わせて、血液透析、腹膜透析のどちらかを選択していただけます。また、ドナー候補がいる場合には腎臓移植の準備を行い、移植可能な施設へ紹介することも治療選択肢に加わります。
当科で行う手術 内シャント設置術、人工血管移植術、血栓除去術、腹膜透析カテーテル留置術・抜去術、腹膜透析カテーテル位置異常修復術など
当科で行う検査 腎生検、精密腎機能検査、シャント造影、シャントPTAなど

 

飯野 則昭

新潟大学地域医療教育センター 特任教授 腎臓内科部長

甲田 亮

新潟大学地域医療教育センター 特任助教 腎臓内科部長

吉澤 優太

腎臓内科医長

永野 敦嗣

腎臓内科医長

令和2年度(2020.4~2021.3)

 

論文(原著)

 

Miyazaki S, Iino N, Koda R, Narita I, Kaneko Y.

Brain-derived neurotrophic factor is associated with sarcopenia and frailty in Japanese hemodialysis patients.

Geriatr Gerontol Int 21(1): 27-33, 2021.

 

論文(症例報告)

 

Ryo Koda, Masafumi Tsuchida, Noriaki Iino, Go Hasegawa, Ichiei Narita.

Glomerular involvement in disseminated nontuberculous mycobacterium infection. 

Kidney International 98(4): 1055, 2020.

 

Ryo KodaSatoru MiyazakiNoriaki IinoYo SatoKenichiro HiranoEiji SunamiShinichi Kosugi, Tsutomu Kanefuji, Akira Ogose, Ichiei Narita.

Vitamin D Deficiency-induced Osteomalacia in a Patient with Anorexia Nervosa.

Internal Medicine 60(11): 1731-1736, 2021.

 

学会・研究会・講演会

 

甲田亮宮崎慧飯野則昭,高橋直生,今井直史,成田一衛.

新規疾患概念Tubulointerstitial Nephritis with IgM-Positive Plasma Cells(IgMPC-TIN)は自己免疫性疾患か?

2症例からの検討.

第50回日本腎臓学会東部学術大会(ポスター)               

(筑波(web),2020年9月26日)

 

甲田亮宮崎慧飯野則昭大橋さとみ山口征吾,成田一衛.

Klebsiella pneumoniae肺炎に横紋筋融解症、急性腎不全を合併し治療経過中に薬剤性と考えられる急性尿細管間質

性腎炎を発症した1例.

第65回日本透析学会学術総会(ポスター)                 

(大阪(web),2020年11月2日)

 

甲田亮.

日常臨床で出会った印象深いリン代謝異常症.

第57回新潟腎カンファランス(口演)                     

(新潟,2021年2月25日)

 

※過去の研究業績集はこちら

Annals of UKB(業績集)

 

 

 

 

PAGE TOP